バンコクの旅をもっと楽しむために

BTSプロンポン駅に近いペンチャシリ公園

ペンチャシリ公園はBTSプロンポン駅直結のエンポリアムデパートとクイーンズパークホテルの間に位置している、バンコクの憩いのスポットとして広く親しまれています。

 

交通量の多いスクンビット通り沿いにありながら、都会の喧騒を忘れされてくれるとても静かな雰囲気に包まれており、のんびりとした時間を過ごしたいときにお勧めのスポットです。

 

公園の規模としてはさほど大きくはありませんが、周辺エリアへの抜け道にも利用することができます。

 

公園の近くは日本人駐在員なども多く住んでいるエリアであることから、日本食レストランなども多く、とても治安のよい環境となっています。

 

この公園はシリキット王妃の60才の誕生日を記念して、1992に建設されたことから通称「クイーンズパーク」とも呼ばれています。

 

この公園は時に重要なイベント会場にも利用されており、シリキット王妃の誕生日である8月12日には毎年記念のイベントなども行われます。

ペンチャシリ公園の概要

ペンチャシリ公園料は無料で24時間利用することができます。

 

園内には、ジョギングコース、テニスコート、プールなどの施設も整っています。

 

ガードマンが常に巡回しているのでとても治安がよく、平和な雰囲気に包まれています。

 

園内には売店などもあり、飲み物やお菓子などを購入することもできます。

 

またアルコール類の持ち込みは禁止されているので、注意するようにしましょう。

 

またお手洗いも併設されていますが、利用料には5バーツ(15円)かかります。

 

園内はハトが多いので、糞などにも注意が必要です。

ペンチャシリ公園を楽しもう!

客層は高級デパートとして知られているエンポリアムの横にあることから、外国人観光客や西欧人なども多く利用する公園として知られています。

 

園内にはたくさんのベンチがあるので、さほど混雑もしていないので、ベンチを確保しやすいことも魅力的です。

 

またとてもきれいに掃除がなされており、ごみ一つ落ちていないため清潔感が感じられ、快適に過ごすことができます。

 

朝と夜の陽射しがあまり強くない時間帯には、ジョギングを楽しんでいる人や、木陰を見つけて昼寝をしている人など、のんびりとした時間が流れています。

 

ランチタイムになるとビジネスマンやOLたちがお弁当や屋台で買ってきたものを広げて、のんびりと過ごしています。

 

ショッピングの合間の休憩場所にも最適であり、ガイドブックを広げて会話を楽しんでいる人たちも多く見かけます。

 

また日曜日になるとローカルな人たちがたくさんやってきて、太極拳、スケボー、バスケットボールなどを楽しんでいます。

 

腹筋台などのユニークなものや子供用の遊具などもたくさんあるので、地元駐在員のファミリー層も多く見かけます。

 

タイらしい雰囲気も感じられるペンチャシリ公園

園内には大きな池があり、記念碑などもあちらこちらに建てられています。

 

池の側には東屋があり、陽射しを避けてのんびりとした景色を楽しむことができます。

 

池のあたりから周囲の景色を見渡してみると、バンコクの高層ビルが立ち並び、この公園だけが切り取られたかのような静けさを誇っていることが分かります。

 

大きな木が多いので木陰がたくさんあり、噴水などもあるので、とても清涼感が感じられます。

 

タイらしく南国の木や果実なども実っています。

 

また園内にはたくさんのリスが掛け回っており、動物と触れ合うことができることも魅力の一つです。