バンコクの旅をもっと楽しむために

タイでチェーン展開しているトップスマーケット

タイには、トップスマーケット(Tops Supermarket)とよばれるスーパーマーケットを展開する企業があり、デパートのセントラルグループの傘下に入っています。

 

ブランド名は複数あり、トップスマーケット、トップススーパーマーケット、トップススーパー、トップスデイリーなどの店舗を展開しています。

 

名前が非常に似ているため、観光客にはややその違いが分かりにいくものの、マーケットと付く方が店舗が大きいと覚えておくとよいでしょう。

 

タイには約120店舗を展開していて、最大のスーパーマーケットチェーン店として知られています。

 

シンボルカラーは赤と緑色で、お店は朝早くから遅くまで営業している店舗も多く、利用しやすいことも魅力の一つです。

 

スーパーは人が多く集まるエリアに多く展開しており、ロケーションのよさもトップスマーケットの魅力といえます。

スクンビットに複数あるトップスマーケット

バンコクのデパートやショッピングセンターで、チェーン展開しているスーパーとして知られているのが、「トップスマーケット」とよばれるスーパーです。

 

中でももっとも観光客が多く利用するスーパーとして知られているのが、スクンビットソイ41店やスクンビットソイ19店などがあります。

 

前者はBTSプロンポン駅3番出口を出て、トンロー方向へ歩いていった先に位置しており、後者はBTSアソーク駅が最寄りのロビンソンデパートの地下に位置しています。

 

駅から通路を通ってダイレクトにアクセスできるので、雨の日でもとても便利です。

 

近年アソーク地区にターミナル21とよばれるスーパーが出来たことから、トップスマーケットの利用者は以前より減りつつあるものの、その分穴場なスポットとなりつつあります。

 

そのためとても落ち着いた雰囲気があり、ゆっくりと商品を選ぶことができます。

 

今回はバンコクの中心部にあるスクンビットソイ19店についてご案内していきます。

お土産探しにも最適なトップスマーケットのスクンビットソイ19店

スクンビットソイ19店のお店の規模自体はさほど大きくはないものの、食料品、お菓子、お酒、日用品、コスメなどの商品が豊富に揃っています。

 

調味料やカレーなどのペーストも豊富にあり、1つ10〜20バーツ(30円〜60円)で購入できるので、ばらまき用のお土産に最適です。

 

その他お土産にカップ麺、ドライフルーツ、チョコレートなどもあり、食料品系のお土産であればほとんどのものをここで見つけることができます。

 

また果物は量り売りに対応しているお店も多く、果物が豊富なタイらしくリーズナブルな価格はとても魅力的です。

 

マンゴーやランブータンなどが1つ15円くらいから購入でき、日本よりも断然安い価格となっています。

 

またデリ系のお惣菜も販売されているので、ホテルにテイクアウトして楽しむこともできます。

 

ただしいわゆるタイ雑貨を取り扱うお店はあまり多くはありません。

トップスマーケットが人気の理由とは

客層はお土産を購入することを目的とした外国人観光客が多く、英語や日本語の表記なども店内にはみられます。

 

トップスマーケットの魅力といえば、同じ商品でもコンビニエンスストアと比べるとリーズナブルな価格で購入できる点にあります。

 

旅行者はレジ横のサービスカウンターで5%OFFのカードを作ってもらえるので、さらに安く購入することができます。

 

また10点以上購入すると、エントランス近くに優先レジがあるので、そこでお会計をすることができます。

 

店内にはフードコートやお店の横にはマッサージ店もあり値段も安いので、ショッピングを終えた後の休憩にもお勧めです。