バンコクの旅をもっと楽しむために

アジアンな熱気を感じされてくれるメークロン鉄道市場

メークロン鉄道市場は、バンコクの国鉄として知られているメークロン線の始発駅で開催されている市場です。

 

地元タイの人たちの台所ともいうべきローカルな雰囲気に包まれている市場として知られています。

 

この市場はなんと線路の上に市場が開催されているなんともユニークな市場で、列車が通過する際にはさっと片付けをして市場をたたみ、列車が通過した後には営業を再開するというまさにタイらしい市場なのです。

 

近年ではやや観光地化されてしまっている印象もありますが、バンコクの市場や屋台などと比べるとよりローカルな雰囲気に包まれており、まさにメークロン鉄道市場の醍醐味といえます。

 

まさにホットなアジアを感じされてくれる光景は、どこかタイの熱気を感じずにはいられない光景です。

メークロン鉄道市場へのアクセスとオプショナルツアー

メークロン鉄道市場はバンコクから130キロ離れた場所にあり、水上マーケットで有名なダムヌンサドアクやアンパワーと同じエリアにあります。

 

個人ではなかなかアクセスがしにくい場所であることから、バンコクから旅行会社のオプショナルツアーに申し込みをするのが便利でおすすめです。

 

個人でのアクセスの場合にはタクシーでは?時間半〜2時間、電車をバンコクから乗り継いでいく場合には片道3時間程度はかかります。

 

またリーズナブルにアクセスしたい場合には、バンコクから乗り合いバスでアクセスすることもできます。

 

観光客の大半が利用するオプショナルツアーでは、行きはバンコクからツアー会社のバンでメークロン駅に行き、市場を通過する列車を見学し、帰りは列車に乗車して戻るツアーが一般的なスケジュールとなっています。

 

市場の観光を楽しんだ後の帰りには、電車に乗ってバンコク郊外のローカルな景色を楽しみながら、バンコクに戻ってきます。

 

バンコクの中心部を走る電車のような快適さには欠ける面はあるものの、ローカルな電車のコトコトと揺れる音もどこか長距離列車のよさであり、新しいタイの魅力を感じることができます。

 

オプショナルツアーでは、列車の時間に合わせて到着ができるようにスケジュールが組まれているため半日観光となっているものも多く、時間を有効的に利用できるのもその魅力の一つといえます。

メークロン鉄道市場を楽しもう!

メークロン駅には列車が一日に通過する回数は、現在では3回ほどとなっていますが、タイでは列車が遅れることはごく一般的なことなので、時刻表はあっても時間を読むことができません。

 

しかし列車が警笛を鳴らしながらやってくると、猛スピードでテントを畳み、まるで神業のように商品を中にしまう圧巻な光景を楽しむことができます。

 

観光客はこの瞬間を動画で記録している人も多く、まさにこれがメークロン鉄道市場のハイライトともいえる光景です。

 

市場には、魚、野菜などの食品類などもありますが、中にはザリガニやカエルといった日本では、あまり見かけることのないものも販売されています。

 

やはりおすすめはタイフルーツがフレッシュジュースで、観光客からの人気商品ともなっています。

 

マンゴー、ドリアン、バナナなどがバンコクの市場よりもリーズナブルな価格で楽しむことができることも魅力の一つです。

 

特によく見かけるのがココナッツジュースで、自然の甘みを感じられる味わいがとても人気となっており、10バーツ(30円前後)の値段で楽しめるリーズナブルな価格も嬉しいものです。

 

また列車が来ない間には、駅周辺のローカルな屋台などでグルメを楽しむのもおすすめです。

 

オープンエアのローカルな雰囲気が漂う食堂で、タイ料理やチャーハン、麺類などを楽しむことができ、電車が来るまでの時間を有効活用するのにはとてもおすすめといえるでしょう。

 

 

 

 

関連ページ

ナコンパトムへのアクセス
カンチャナブリのJEATH戦争博物館
映画「戦場に架ける橋」の舞台となったクウェー川鉄橋
カンチャナブリの鉄道建設慰霊碑と第二次世界大戦博物館
泰緬鉄道のアルヒル桟道橋
アユタヤ観光へのアクセス
アユタヤのワットプラシーサンペット
タムクラセー駅周辺を観光しよう!
クメール遺跡とプラサート・ムアン・シン歴史公園..
アユタヤの日本人町跡を歩く
菩提樹に取り込まれた仏頭が印象的なワットプラマハタート
タイ西部を流れるクウェー川
様々な動物に出会える「カンチャナブリーサファリパーク」と「タイガーテンプル」
アユタヤ王朝時代の別荘として知られるバーン・パイン宮殿.
バンコクから日帰りで行けるリゾート・パタヤ
アユタヤの穴場な観光スポット
カンチャナブリの町の歩き方
イサーンの玄関口に位置するナコーン・ラーチャシーマーのへのアクセス
バンコク郊外にある町アムパワー
アユタヤ観光におすすめのレンタサイクルとレンタバイク
スリル満点の泰麺鉄道に乗ろう
かつて要塞都市として機能していたロッブリー
タイ人から人気の高いリゾート地「ラヨーン」
世界一大きな仏塔がそびえ立つプラ・パトム・チェディ
お菓子と焼き物の島「クレット島」
テーマパーク「サムプラン・リバーサイド(旧ローズガーデン)」
タイの原風景が残るダムヌンサドゥアック水上マーケット
象がシンボルのエラワン博物館
ファミリー層にお勧めのサファリワールド
ナコムパトンに象とワニの動物園「サンプラーンエレファントグランド&ズー」
ナコンパトンの歩き方
タイ全土の文化遺産を楽しめるムアンボーラーン