バンコクの旅をもっと楽しむために

お菓子と焼き物の島として知られている「クレット島」

クレット島とは、バンコクの西隣にあるノンタブリー県にある、チャオプラヤ川流域の中州に位置している小さな島です。

 

中州にある島のためビーチやヤシの木などはなく、いわゆるリゾート地とは少し異なります。

 

バンコクから日帰り観光できるとあって、今話題のスポットとして注目を浴びています。

 

ここはお菓子と焼き物の島として知られており、タイの伝統と文化を感じられるスポットとして親しまれています。

 

ただし週末のみ営業しているお店も多いので、じっくりと観光を楽しみたい場合には、平日は避けることもお勧めです。

クレット島へのアクセス

クレット島へのアクセスの方法はいくつかありますが、もっともリーズナブルな方法はバスになります。

 

バンコクの伊勢丹前から505番のバス乗り、所要時間は2時間弱、運賃は約20バーツ(60円)となっており、コストを抑えたい方にお勧めです。

 

下車するバス停はパークレットで、多くの人がここで下車をするので迷う心配がありません。

 

バンコク市内からタクシーを利用した場合には、約200バーツ(600円)となっており、約1時間弱の所要時間となっています。

 

ボートも運行されているものの、時間が限られている上、本数が少ないので、個人でアクセスするのはやや難しい状況にあります。

 

そのためサトーン船着場からチャオプラヤーエクスプレスが日曜日の10時発のクレット島ツアーを開催しているので、こちらを利用してみることもお勧めです。

クレット島の概要

クレット島は島を一周できる約5キロの道が整備されています。

 

道は比較的細い造りとなっていますが、船着場近くでは自転車のレンタルもあり、40バーツで借りることができます。

 

しかし焼き物などを楽しみたい場合には、細い路地などを通るためかえって邪魔になることもあるので、プランに合わせてよく検討する必要があります。

 

島の繁華街から少し離れるにつれて、藁葺き屋根の高床式住宅などローカルな人たちの暮らしを垣間見ることができます。

 

また島には小さなお寺がいくつかあり、熱心に祈りを捧げているローカルな人たちの姿を垣間見ることもできます。

クレット島の楽しみ方

クレット島の名産として知られているのが「焼き物」です。

 

島にはたくさんの工房があり、自由に入って見学をすることができるようになっています。

 

真剣な眼差しで一つ一つ丁寧に仕上げていく行程を見ることができます。

 

ここの島の焼き物は、基本的に素焼きとなっており、リーズナブルな値段もとても魅力的です。

 

小さいものであれば10バーツ(30円)から購入することができるので、お土産にも最適です。

 

またこの島の一部にはOTOP(オートップ=一物一村運動)とよばれるエリアがあり、良質な商品をここで購入することができます。

 

珍しいものもがたくさんあるので、バンコクのショッピングセンターでは購入できないようなお土産もここで購入することができます。

 

香水や石鹸などの他、風車やにおい袋など昔懐かしいものも販売されています。

 

またその他にもタイのお菓子を販売しているお店もたくさんあります。

 

カラフルで少し甘めのお菓子が多いですが、食べるのがもったいないほどかわいらしい雰囲気のものもあります。

 

ちょっとしたカフェが併設されているお店もあり、休憩などに利用するのにもお勧めです。

 

また名物として知られているのが、花の天ぷらです。

 

ほんのりとした甘い香りとサクサクとした食感がたまらなくおいしいグルメです。

 

その場で揚げたてを楽しむことができるので、小腹が空いたときにも最適です。

関連ページ

ナコンパトムへのアクセス
カンチャナブリのJEATH戦争博物館
映画「戦場に架ける橋」の舞台となったクウェー川鉄橋
カンチャナブリの鉄道建設慰霊碑と第二次世界大戦博物館
活気あふれるメークロン鉄道市場へ行こう!
泰緬鉄道のアルヒル桟道橋
アユタヤ観光へのアクセス
アユタヤのワットプラシーサンペット
タムクラセー駅周辺を観光しよう!
クメール遺跡とプラサート・ムアン・シン歴史公園..
アユタヤの日本人町跡を歩く
菩提樹に取り込まれた仏頭が印象的なワットプラマハタート
タイ西部を流れるクウェー川
様々な動物に出会える「カンチャナブリーサファリパーク」と「タイガーテンプル」
アユタヤ王朝時代の別荘として知られるバーン・パイン宮殿.
バンコクから日帰りで行けるリゾート・パタヤ
アユタヤの穴場な観光スポット
カンチャナブリの町の歩き方
イサーンの玄関口に位置するナコーン・ラーチャシーマーのへのアクセス
バンコク郊外にある町アムパワー
アユタヤ観光におすすめのレンタサイクルとレンタバイク
スリル満点の泰麺鉄道に乗ろう
かつて要塞都市として機能していたロッブリー
タイ人から人気の高いリゾート地「ラヨーン」
世界一大きな仏塔がそびえ立つプラ・パトム・チェディ
テーマパーク「サムプラン・リバーサイド(旧ローズガーデン)」
タイの原風景が残るダムヌンサドゥアック水上マーケット
象がシンボルのエラワン博物館
ファミリー層にお勧めのサファリワールド
ナコムパトンに象とワニの動物園「サンプラーンエレファントグランド&ズー」
ナコンパトンの歩き方
タイ全土の文化遺産を楽しめるムアンボーラーン