バンコクの旅をもっと楽しむために

平坦の道が多いアユタヤの町

平坦の道が多いアユタヤの町

平坦の道が多いアユタヤの町

アユタヤは比較的道路が平坦な造りをしているため、観光にはレンタサイクルやレンタバイクなどを利用してみるのもお勧めです。

 

ツアー観光とは異なり自分のペースで観光をすることができるので、いろいろなことを発見できたり、ローカルのたちと触れ合うことができることもその魅力の一つです。

 

また専用車を利用した観光ツアーを利用するより、アユタヤまでの往復の電車賃とレンタサイクル代金のみで済むことから、費用を抑えることができることもできます。

 

また街の一部にはサイクリングロードが整備されているところもあり、とても快適にサイクリングを楽しむことができます。

アユタヤ観光にお勧めのレンタサイクルやレンタバイク

アユタヤの仏像

アユタヤの仏像

レンタサイクルやレンタバイクのお店は、アユタヤ駅周辺に複数点在しており、事前の予約の必要がなくその場で借りることができます。

 

駅から渡し船乗り場に行く途中にたくさんのレンタルショップがありますが、このエリアよりも渡し船に乗って対岸に渡った場所を検討するのがお勧めです。

 

船に乗る前にレンタルしてしまうと、船に自転車やバイクを載せなければならず、観光客にとっては至難の業となってしまうからです。

 

またゲストハウスや安い宿があるエリアにも、宿泊客を相手にしたレンタルショップが複数あります。

 

また宿でもほとんどのところで貸し出しをしてくれるので、アユタヤに滞在を検討している人であれば、宿の近くが便利です。

 

レンタサイクルやレンタバイクの費用

レンタサイクルやレンタバイクの費用はどこのお店で借りても大差はありません。

 

レンタサイクルは、1日30〜50バーツ(90円〜150円)、バイクは6時間250バーツ(750円)、24時間300バーツ(900円)となっています。

 

レンタサイクルやレンタバイクは便利な反面、注意点もいくつかあります。

 

アユタヤは一日あればメインの遺跡などは、すべて見ることができますが、無理は禁物です。

 

特にアユタヤはバンコクと比べると暑いことが多く、事前に熱中症や日焼け対策はしっかりとしておくようにしましょう。

 

また交通量が多く、日本の感覚と比べるとマナーが悪いことも多いので、注意が必要です。

 

また時折スコールなどが降った後には、地盤が緩くなっているところも多いので、レンタサイクルにはあまり向かないこともあるので、前日の天気などもよく考えて利用するようにしましょう。

 

また自転車のカゴに入れた荷物などを、オートバイなどが抜いたすきにひったくる事件もときどき発生しています。

 

荷物はレンタサイクルやレンタバイクを利用する際であっても、しっかりと身に付けておくようにすることも大切です。

レンタサイクルやレンタバイク以外の観光にお勧めの交通手段

レンタサイクルやレンタバイク以外にも、アユタヤの交通にお勧めの手段に、トゥクトゥクのチャーターも可能です。

 

アユタヤ駅に料金表の一覧がありますが値段は全体的にやや高めとなっており、1時間あたり150バーツ(450円)が相場です。

 

またオートバイタクシーもあり、トゥクトゥクよりもスピードがあるものの、危険性はやや高くなります。

 

短距離や回りたい場所をピンポイントで利用したい人にはお勧めの手段です。

 

1回の利用は50バーツ(150円)、チャーターする場合は1時間あたり150〜200バーツ(450円〜600円)前後が相場となっています。

 

またアユタヤにはエアコン付きの路線バスも走っており、乗車は1回10バーツ(30円)ととてもリーズナブルですが、あまり本数が多くないためよく注意するようにしましょう。

関連ページ

ナコンパトムへのアクセス
カンチャナブリのJEATH戦争博物館
映画「戦場に架ける橋」の舞台となったクウェー川鉄橋
カンチャナブリの鉄道建設慰霊碑と第二次世界大戦博物館
活気あふれるメークロン鉄道市場へ行こう!
泰緬鉄道のアルヒル桟道橋
アユタヤ観光へのアクセス
アユタヤのワットプラシーサンペット
タムクラセー駅周辺を観光しよう!
クメール遺跡とプラサート・ムアン・シン歴史公園..
アユタヤの日本人町跡を歩く
菩提樹に取り込まれた仏頭が印象的なワットプラマハタート
タイ西部を流れるクウェー川
様々な動物に出会える「カンチャナブリーサファリパーク」と「タイガーテンプル」
アユタヤ王朝時代の別荘として知られるバーン・パイン宮殿.
バンコクから日帰りで行けるリゾート・パタヤ
アユタヤの穴場な観光スポット
カンチャナブリの町の歩き方
イサーンの玄関口に位置するナコーン・ラーチャシーマーのへのアクセス
バンコク郊外にある町アムパワー
スリル満点の泰麺鉄道に乗ろう
かつて要塞都市として機能していたロッブリー
タイ人から人気の高いリゾート地「ラヨーン」
世界一大きな仏塔がそびえ立つプラ・パトム・チェディ
お菓子と焼き物の島「クレット島」
テーマパーク「サムプラン・リバーサイド(旧ローズガーデン)」
タイの原風景が残るダムヌンサドゥアック水上マーケット
象がシンボルのエラワン博物館
ファミリー層にお勧めのサファリワールド
ナコムパトンに象とワニの動物園「サンプラーンエレファントグランド&ズー」
ナコンパトンの歩き方
タイ全土の文化遺産を楽しめるムアンボーラーン