バンコクの旅をもっと楽しむために

カンチャナブリの町

カンチャナブリの町

カンチャナブリの町

カンチャナブリは、タイの西部のミャンマーとの国境近くの位置している風光明媚な町として知られています。

 

町にはクウェー・ノーイ川とクウェー・ヤイ川の合流地点の東側に位置しています。

 

町のメインストリートはセーン・チュト通りとよばれ、川とほぼ平行して走っています。

 

セーン・チュト通りと川の間に古い街並みが残されており、川とともに暮らしているカンチャナブリのローカルな人たちの光景を見ることができます。

 

このあたりは旧市街地の趣ある光景が残されており、古い民家や商家なども多く、バンコクとは異なるよさを感じることができるエリアです。

 

カンチャナブリの観光名所として知られるクウェー川鉄橋や第二次世界大戦博物館などは町の北側に位置しており、周辺にはホテルからリーズナブルなゲストハウスまでたくさんの宿泊施設が整っています。

 

白人を中心としたバックパッカーたちも多く見かけ、観光客を相手としたレストランやグルメスポットなどもたくさん軒を連ねています。

 

観光のメインスポットといえば、映画の舞台「戦場にかける橋」の舞台になったことで知られるクウェー川鉄橋、カオプーン洞穴、ヒンダート温泉、エラワン 滝などがあります。

カンチャナブリの町の交通手段

カンチャナブリのクウェー川鉄橋

カンチャナブリのクウェー川鉄橋

カンチャナブリの駅

カンチャナブリの駅

カンチャナブリの観光には、駅、バスターミナル、ホテルなどに待機しているモーターサイを利用すると便利です。

 

いわゆるバイクタクシーとよばれるもので、市内の移動は一回30〜50バーツ(90〜150円)が相場となっており、短距離を効率的に移動するのはとてもお勧めの手段です。

 

その他にもトゥクトゥクや人力サームローなども、同様に1回あたり30〜50バーツで利用できますが、いずれも全て事前の交渉性となっているのでしっかりと料金を確認してから、利用するようにしましょう。

 

またカンチャナブリの町の中を走る、路線バスのように利用できるソンテオは、慣れてしまえばとても便利な乗り物です。

 

1回10バーツ(30円)前後で利用できますが、事前に自分の行きたい目的地を通るか確認をしてから乗るようにするのが鉄則で、中にはチャーターできるものもあります。

 

また自分のペースで移動できる便利な乗り物にはレンタサイクルがお勧めです。

 

レンタサイクルは、観光客が多く集まるクウェー川鉄橋駅付近やゲストハウスなどで借りることができます。

 

カンチャナブリ自体の町はさほど大きくはないため、レンタサイクルがあれば半日もあれば十分に観光をすることができます。

 

レンタサイクルは一日あたり30〜50バーツ(90〜150円)となっており、どのお店でレンタルをしても、基本的に料金は同じです。

 

レンタバイクは一日あたり150〜250バーツ(450〜750円)となっています。

宝石が豊富に獲れるカンチャナブリ

またカンチャナブリの町を歩いていると歴史的名所が多いことはもちろんですが、露店などを覗いてみると、宝石などのお店をよく見かけます。

 

昔から金や宝石などの採掘が行われ、宝石付きのアクセサリーがカンチャナブリの名物となっています。

 

特にカンチャナブリのボ・プロイとよばれる町にはサファイア鉱山があり、今でも世界で最高品質のクオリティを誇るブルーサファイアの産地と言われています。

 

このプロイとよばれる町の名称自体が、「宝石」または「ブルーサファイア」そのものを意味しています。

 

カンチャナブリは、宝石の宝庫であることから、タイの他の町よりもリーズナブルな宝石のお店がたくさんあり、まさに訪れた記念にはとてもお勧めです。

 

その場でオーダーメイドで作れるものも多く、自分好みのデザインに仕上げてくれます。

 

英語だけはなく、日本語が通じるお店も多いこともその魅力の一つです。

 

リーズナブルなものであれば1500バーツ(4500円)くらいから購入できます。

関連ページ

ナコンパトムへのアクセス
カンチャナブリのJEATH戦争博物館
映画「戦場に架ける橋」の舞台となったクウェー川鉄橋
カンチャナブリの鉄道建設慰霊碑と第二次世界大戦博物館
活気あふれるメークロン鉄道市場へ行こう!
泰緬鉄道のアルヒル桟道橋
アユタヤ観光へのアクセス
アユタヤのワットプラシーサンペット
タムクラセー駅周辺を観光しよう!
クメール遺跡とプラサート・ムアン・シン歴史公園..
アユタヤの日本人町跡を歩く
菩提樹に取り込まれた仏頭が印象的なワットプラマハタート
タイ西部を流れるクウェー川
様々な動物に出会える「カンチャナブリーサファリパーク」と「タイガーテンプル」
アユタヤ王朝時代の別荘として知られるバーン・パイン宮殿.
バンコクから日帰りで行けるリゾート・パタヤ
アユタヤの穴場な観光スポット
イサーンの玄関口に位置するナコーン・ラーチャシーマーのへのアクセス
バンコク郊外にある町アムパワー
アユタヤ観光におすすめのレンタサイクルとレンタバイク
スリル満点の泰麺鉄道に乗ろう
かつて要塞都市として機能していたロッブリー
タイ人から人気の高いリゾート地「ラヨーン」
世界一大きな仏塔がそびえ立つプラ・パトム・チェディ
お菓子と焼き物の島「クレット島」
テーマパーク「サムプラン・リバーサイド(旧ローズガーデン)」
タイの原風景が残るダムヌンサドゥアック水上マーケット
象がシンボルのエラワン博物館
ファミリー層にお勧めのサファリワールド
ナコムパトンに象とワニの動物園「サンプラーンエレファントグランド&ズー」
ナコンパトンの歩き方
タイ全土の文化遺産を楽しめるムアンボーラーン