バンコクの旅をもっと楽しむために

無料で楽しめるアユタヤの穴場なスポット

アユタヤ観光のメジャーな観光スポットとして知られている場所には、3人の王が眠る王室の寺院として知られるワットプラシーサンペットや、仏像の頭部が菩提樹に包まれているワット・マタータートなどがありますが、それ以外にもたくさんの観光スポットがあります。

 

今回ご紹介するのはアユタヤ観光を無料で楽しめる穴場なスポットで、メジャーなスポットと比べて観光客が少ないためゆっくりと観光を楽しむことができることもその魅力の一つです。

 

その一つがアユタヤ王宮跡で、アユタヤ王朝の歴代国王の宮殿跡です。

 

1350年に王宮が建てられ、その後も歴代の王によって宮殿が増築されましたが、1767年のビルマ軍の攻撃によって完全に破壊されてしまい、今ではその廃墟となった跡地が残るのみとなっています。

 

現在で特別に見るものは残されていないものの、その広大な敷地と周辺の緑が、かつての惨劇がまるでなかったかのような静けさに包まれています。

金箔の大仏像がシンボルのウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

またもう一つ金箔の大仏像がシンボルとして知られる寺院に、アユタヤ駅からトゥクトゥクで約10分の場所にあるウィハーン・プラ・モンコン・ボピットです。

 

拝観料は無料となっており朝8時半〜16時半まで観光をすることができます。

 

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットは、1602年にラマティボディ2世により建立され、ビルマ軍によって完全に破壊されましたが、1958年に再建された大仏寺として知られています。

 

外観は白を基調とした洗練された雰囲気が漂い、赤色がアクセントとなっている見事が造りとなっています。

 

この寺院のハイライトといえるのが高さ17mのプラ・モンコン・ボピットで、これはタイ最大の黄金の大仏像として知られています。

 

奈良の大仏以上の規模を誇り、そのスケールは圧巻です。

 

この巨大な仏像故に、地元の人たちは仏像にロープを掛けてお花をお供えしている光景を見ることができます。

 

仏像は一周できるようになっているため、横から眺めたり、後ろ姿を眺めたり、多角的な角度から仏像を楽しむことができます。

 

この大仏像以外にも周辺には、たくさんの仏像が並べられており、金箔の彩られた仏像は圧巻です。

 

またこの寺院の楽しみの一つがおみくじで、タイ語のみとなっていますが、観光の記念にはお勧めです。

 

ここウィハーン・プラ・モンコン・ボピットの参道にはたくさんのお土産ショップや屋台なども並んでおり、裏手にはマーケットがあるのでアユタヤのお土産を購入するのにも最適です。

巨大寝釈迦仏として知られているワットローカヤースッター

またもう一つアユタヤには24時間無料で観光できるスポットに、ワットローカヤースッターとよばれる場所があります。

 

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットからは500メートルほどしか離れていないため、一緒に観光を楽しむのにもお勧めのスポットです。

 

広々とした草原に堂々と寝そべる高さ5メートル、全長28メートルの巨大寝釈迦仏として知られています。

 

これは中期アユタヤ様式のものといわれており、諸説ありますが、現在見られるものは1956年に復元されたもので、80歳で入滅した仏陀を象徴しています。

 

ワットローカヤースッター周辺は遮るものが何もなく、広々としたユタヤの空の下で眠る仏像は、かつて繁栄をしていたアユタヤ王朝を物語るような雰囲気に包まれています。

 

その穏やかな表情と優しいまなざしは、どこか心が癒されるものです。

 

観光客はここで同じポーズをして写真を撮るのが、観光の定番として知られています。

 

ただし周辺にはお供え用の花を売る花売りの売り子がややしつこい営業をしてくることがあるので、注意が必要です。

関連ページ

ナコンパトムへのアクセス
カンチャナブリのJEATH戦争博物館
映画「戦場に架ける橋」の舞台となったクウェー川鉄橋
カンチャナブリの鉄道建設慰霊碑と第二次世界大戦博物館
活気あふれるメークロン鉄道市場へ行こう!
泰緬鉄道のアルヒル桟道橋
アユタヤ観光へのアクセス
アユタヤのワットプラシーサンペット
タムクラセー駅周辺を観光しよう!
クメール遺跡とプラサート・ムアン・シン歴史公園..
アユタヤの日本人町跡を歩く
菩提樹に取り込まれた仏頭が印象的なワットプラマハタート
タイ西部を流れるクウェー川
様々な動物に出会える「カンチャナブリーサファリパーク」と「タイガーテンプル」
アユタヤ王朝時代の別荘として知られるバーン・パイン宮殿.
バンコクから日帰りで行けるリゾート・パタヤ
カンチャナブリの町の歩き方
イサーンの玄関口に位置するナコーン・ラーチャシーマーのへのアクセス
バンコク郊外にある町アムパワー
アユタヤ観光におすすめのレンタサイクルとレンタバイク
スリル満点の泰麺鉄道に乗ろう
かつて要塞都市として機能していたロッブリー
タイ人から人気の高いリゾート地「ラヨーン」
世界一大きな仏塔がそびえ立つプラ・パトム・チェディ
お菓子と焼き物の島「クレット島」
テーマパーク「サムプラン・リバーサイド(旧ローズガーデン)」
タイの原風景が残るダムヌンサドゥアック水上マーケット
象がシンボルのエラワン博物館
ファミリー層にお勧めのサファリワールド
ナコムパトンに象とワニの動物園「サンプラーンエレファントグランド&ズー」
ナコンパトンの歩き方
タイ全土の文化遺産を楽しめるムアンボーラーン