バンコクの旅をもっと楽しむために

アユタヤ王朝と日本人町跡の歴史

アユタヤ日本人町跡は、14世紀半ばから18世紀頃までアユタヤにあった日本人町として知られています。

 

16世紀初めに御朱印船貿易に携わった日本人たちが築き、アユタヤ王朝下のもと、次第に軍事力とともに政治にも力を持つようになっていったと言われています。

 

最盛期には2000人以上もの日本人が住み、その多くはアユタヤ王朝の傭兵としてビルマ軍との戦いにも参戦していました。

 

その傭兵隊長を務めたのが山田長政であり、22代ソンタム王から官位を与えられるほど大活躍し大きな功績と残した人物として知られています。

 

しかし謀反を理由に焼き払われてしまう運命を辿ります。

 

そして18世紀初めには日本が鎖国時代を迎えるとこの日本人町も消滅してしまいますが、今ではその敷地内に当時の石碑や、2007年に日タイ修交120周年記念館が設立され、日本とタイの友好の歴史を知ることができます。

 

周辺にはお土産店も軒を連ねており、アユタヤをモチーフとしたものなど、ここでしか購入できないようなものもいくつか販売されています。

 

タイにいながら日本を感じることができるユニークな歴史的スポットでもあり、往時の時代に思いをはせながらアユタヤ王朝と日本の歴史を学ぶことができる観光地として親しまれています。

チャオプラヤ川沿いにある日本人町跡を散策しよう!

日本人町跡

日本人町跡

日本人町跡の看板

日本人町跡の看板

ここ日本人町跡というと何か歴史的な建物が残されているような印象を受けるものの、特に際立ったものはなく、日本人町跡であったことを伝える石碑が立っています。

 

石碑は日本語で書かれているものの、不思議なことに「アユチヤ日本人町の跡」と刻まれており、写真スポットとして親しまれています。

 

石碑の近くには日本人町跡の歴史を語る上で欠かせない山田長政の像が立てられています。

 

日本人町跡への入場料金は50バーツ(150円)となっていますが、時間のない場合は近くを通るだけでもその跡地を見ることができます。

 

バンパイン宮殿からチャオプラヤ川クルーズで北上し、ワットパナンチェーンから比較的近い場所に位置しており、アユタヤ駅からもレンタサイクルでアクセスできる距離となっています。

 

日本人町跡はチャオプラヤ川沿いに位置しており、川沿いには遊歩道が設けられているのでちょっとした散歩を楽しむことができます。

 

時折地元の人たちが物資などを船で運んでいるローカルな風景も見ることができます。

 

日本人町跡は歴史的な建物は残されていないものの、緑豊かな自然が豊富にあるので、まるで公園のような雰囲気に包まれています。

 

タイらしく菩提樹も植えられておりその下で涼みながら歴史を感じてみたり、ベンチに座りながら静かな佇まいの中で思い思いの時間を過ごしている人など様々です。

 

アユタヤ王朝と日本の歴史を学べる記念館

敷地内にある記念館は、この跡地保存のためにタイ日協会によって運営されており、ビデオや写真展示やアユタヤの歴史を伝える資料などが豊富に展示されています。

 

日本語に対応しているものとそうでないものがありますが、展示物が多いので内容自体はとても分かりやすい印象です。

 

また日本の歴史やタイの歴史が時系列に並べられた展示があり、時代背景が分かりやすいように工夫がなされています。

 

20分〜30分の時間があれば全て見ることができるコンパクトなものですが、資料などがたくさん展示されているためとても見やすく、日本人町の歴史の知識を深めることができます。

 

また館内はエアコンが効いていてとても涼しい環境となっており、暑さが強いアユタヤ観光の休憩も兼ねて展示を楽しむことができます。

 

きれいな無料のトイレも完備されており、日本人町跡の歴史の知識を深めるのにはとてもおすすめのスポットといえるでしょう。

関連ページ

ナコンパトムへのアクセス
カンチャナブリのJEATH戦争博物館
映画「戦場に架ける橋」の舞台となったクウェー川鉄橋
カンチャナブリの鉄道建設慰霊碑と第二次世界大戦博物館
活気あふれるメークロン鉄道市場へ行こう!
泰緬鉄道のアルヒル桟道橋
アユタヤ観光へのアクセス
アユタヤのワットプラシーサンペット
タムクラセー駅周辺を観光しよう!
クメール遺跡とプラサート・ムアン・シン歴史公園..
菩提樹に取り込まれた仏頭が印象的なワットプラマハタート
タイ西部を流れるクウェー川
様々な動物に出会える「カンチャナブリーサファリパーク」と「タイガーテンプル」
アユタヤ王朝時代の別荘として知られるバーン・パイン宮殿.
バンコクから日帰りで行けるリゾート・パタヤ
アユタヤの穴場な観光スポット
カンチャナブリの町の歩き方
イサーンの玄関口に位置するナコーン・ラーチャシーマーのへのアクセス
バンコク郊外にある町アムパワー
アユタヤ観光におすすめのレンタサイクルとレンタバイク
スリル満点の泰麺鉄道に乗ろう
かつて要塞都市として機能していたロッブリー
タイ人から人気の高いリゾート地「ラヨーン」
世界一大きな仏塔がそびえ立つプラ・パトム・チェディ
お菓子と焼き物の島「クレット島」
テーマパーク「サムプラン・リバーサイド(旧ローズガーデン)」
タイの原風景が残るダムヌンサドゥアック水上マーケット
象がシンボルのエラワン博物館
ファミリー層にお勧めのサファリワールド
ナコムパトンに象とワニの動物園「サンプラーンエレファントグランド&ズー」
ナコンパトンの歩き方
タイ全土の文化遺産を楽しめるムアンボーラーン