バンコクの旅をもっと楽しむために

タイのお土産の定番・タイシルク

タイシルクとは、タイの国で作られる絹織物で、縦の糸に極細の絹糸、横の糸に甘撚(アマヨリ)の紬糸(ツムギイト)を用いて、平織にしたものが一般的です。

 

その織り方も近年、様々なスタイルのものが出ており、色やデザインもバライティ豊かとなっています。

 

タイシルクの最大の特徴といえるのが、その光沢にあります。

 

特にタイシルクでよく使われるのは東北部のイサーン地方の蚕を使った太い糸です。

 

この太い糸を使うことで、より光沢を出すことができ、しっかりと丈夫な生地を作りあげていくのです。

 

肌触りはやや硬めなので、フォーマルなシーンにも活用できるメリットもあります。

 

タイシルクはアイテムが豊富で、女性男性問わず幅広い年齢層のお土産選びには最適なアイテムです。

 

色のバリエーションも豊富で、同じ色でも濃い色、淡い色、派手な色などがあります。

 

お土産を渡したい人の好みに応じて選択肢の幅が広いことも魅力の一つです。

タイシルクを購入できる場所

タイシルクは一般的なタイのお土産の相場からすると、料金はやや高めとなっています。

 

しかしその分高級感が感じれ、上品なお土産にはお勧めです。

 

タイシルクの最高峰として知られているのはジムトンプソンですが、タイシルクはデパートや露店などでも購入することができます。

 

デパートであれば個別包装をしてくれたり、予めビニールに入れられているものもありますが、露店であれば安い分そのまま置かれているため少し汚れていることもあるので、よく確認をしてから購入することがおすすめです。

女性に喜ばれるタイシルクのアイテム

タイシルクを使っているもので、女性から喜ばれるアイテムといえるのがポーチ類です。

 

生地がしっかりとしているので、形崩れをせず、中身もしっかりと守ってくれます。

 

大きさも様々ですが、相場は300〜500バーツ(900円〜1500円)前後となっています。

 

もう少し予算を抑えたい場合には、ティッシュケースなどもお勧めで、200バーツ(600円)前後から購入することができます。

男性におすすめのネクタイ

またタイシルクは男性用のアイテムも豊富に揃っています。その定番いえるのがネクタイで、値段は750バーツ(2250円)前後からとなっています。

 

特に象柄などはお土産の定番となっており、タイらしさを感じさせてくれます。

 

またネクタイはきちんとした箱の入れ物もついてくるので、贈答用のお土産にも最適です。

インテリアグッズも豊富

またタイシルクはインテリアのシーンにも活用できるアイテムが豊富に揃っています。

 

クッションカバー、ティシュボックス、コースター、ランチョンマットなどがあり、主婦層にも喜ばれるアイテムがたくさんあります。

 

特にタイシルクが好きな人は、同じシリーズのデザインで揃える人も多く、部屋をアジアンな雰囲気にさせてくれます。

 

また目上の女性に喜ばれるアイテムといえば、スカーフがあります。

 

スカーフはインテリアにも使えるので、マルチなシーンに活用できます。

オーダーメイドもお勧め

またタイにはオーダーメイドに対応しているタイシルクのお店もたくさんあります。

 

滞在中の受け取りができるように翌日仕上げてくれるものや、宿泊先のホテルや日本へ郵送してくれるサービスなど、旅行者でも利用しやすいようになっています。

 

中でも女性から人気を集めているのが、オリエンタルホテルから徒歩1分の場所にあるプレミアテイラーバンコクと呼ばれるお店です。

 

このお店ではドレスを完全オーダーすることができ、簡単な日本語も通じるので、とても安心できます。