バンコクの旅をもっと楽しむために

タイ政府のプロジェクト「OTOP製品」

タイのお土産には「Made in Thailand」を選びたいという方も多いことでしょう。

 

そこでお勧めなのがタイ政府が積極的に取り組んでいるプロジェクトがあり、それが「OTOP(One Tambon One Product」とよばれるものです。

 

これはいわゆる一村一品運動を意味しており、これはタイ政府が日本の大分県をモデルにしてスタートさせた政策のことをさします。

 

2001年からタイの地方の地域活性化、伝統文化の継承、生活水準の向上など収入源確保を目的とした政策です。

 

特にタイではバンコクと農村部の格差が広がっていることが大きな問題となっており、タイ政府は最低でも山岳地域から1品以上のOTOP製品を作ることを推奨しています。

幅広いジャンルの商品の取り扱いがあるOTOP製品

OTOPの商品には、食材や伝統技術を使った雑貨やアパレルなど多岐にわたるものとなっています。

 

その数は数万にも及ぶといわれています。

 

これらの製品を認定されるためには一定の基準が設けられており、タイ政府が公認しているものであるからこそ、品質や味などにも安心であり、お土産にも安心して利用することができます。

 

タイ政府ではタイ全土だけではなく、これらのOTOP製品を世界的に広めようと様々なイベントが開催されています。

 

OTOP製品を購入できる場所

チャトチャック市場

チャトチャック市場

OTOP製品はわざわざ地方に出向いて購入するものではなく、お店でタイの山間部やリゾート地などの産業などを知ることができることも、OTOP製品の魅力の一つです。

 

商品は、バンコク中心部のデパートやショッピングセンターなどが購入することができ、特に雑貨の専門店などであれば必ずといってよいほどに見かけます。

 

またバンコクで週末開催されているマーケット、チャトチャック市場などでも購入することができます。

 

市場の方がリーズナブルな価格で購入できるのでとてもお勧めです。

 

また月1回の限定となりますが、アンバサダーホテルで開催される「タイクラフトフェア」では、OTOP製品が豊富に揃っているので、いろいろなものを比較検討することができます。

 

OTOPに認定されている製品には「OTOP」のレベルが張られており、一目で分かるようになっています。

 

また更に細かくランク付けされており、もっとも優れた製品には5つ星のマークが付けられています。

 

さまざまな商品があるOTOP製品

OTOP製品にはたくさんの食材がありますが、その一つとして知られているのが「チョイフォンティー(CHOUI FONG TEA)」とよばれるお茶です。

 

このお茶はタイ北部に位置する「チェンライ」とよばれる場所で、もともとは台湾から持ち込んだ木から作ったお茶のことをさします。

 

今ではチェンライはタイの有数のお茶の名産地として知られるようになり、このお茶はとても風味がある高品質なウーロン茶として知られており、価格は1缶100グラム入って、220〜300バーツ(660〜900円)で販売されています。

 

また今では世界的にも注目されている人形もあり、それこそがブードゥー人形とよばれるものです。

 

これは願いを叶える幸せの人形として知られており、遥か昔から伝わる伝統の願掛け人形です。

 

これは「wishing doll」とよばれているもので、タイの東北部イーサン地方が発祥のものです。

 

本来は子ども達に遊び道具として親しまれていましたが、今では願いを叶えてくれる人形として広く親しまれています。

 

色のバリエーションも豊富にあり、叶えたい願いによって、色が異なるユニークなデザインも人気の理由となっています。

 

またタイのリゾート地として知られているサムイ島では、ココナッツ、もち米、砂糖でできた「ガラメ」とよばれる甘いお菓子があります。

 

もちもちとしたお餅のような食感となっており、ほんのりとした甘さが人気のお菓子で、お土産などに人気の商品です。