バンコクの旅をもっと楽しむために

タイのお土産が購入できる場所とは

バンコクのショッピングセンター

バンコクのショッピングセンター

タイの観光の楽しみといえばショッピングですが、日本よりも物価が安いタイはお土産をついついたくさん買いたくなってしまうものです。

 

しかしながら実は同じ商品でも、お店によって値段が違うのがタイらしい点でもあり、できるだけ多くの情報を収集しておくこともとてもおすすめです。

 

どこでお土産をお得に購入できるのか、コツをつかむこともうまくショッピングをする秘訣といえるでしょう。

 

お土産を購入できる場所は、デパートをはじめとするショッピングセンター、路面店、マーケット、空港などがあります。

 

また旅行代理店などのツアーに参加すると、観光客用のお土産ショップなどに立ち寄ってくれることもあります。

 

タイでは同じ商品でも倍以上も値段が異なることがあるので、それぞれの特徴をよくつかみ、比較することもとてもおすすめです。

高いけれど利便性に優れているお土産スポット

空港のお土産ショップ

空港のお土産ショップ

中でもっとも高いのは空港ですが、タイの通貨・バーツの使い切りにはとてもおすすめです。

 

空港ではお菓子などの量り売りに対応しているところもあり、グラム単位でも購入できます。

 

またバンコクのスワナプーム国際空港は24時間営業している空港のため、お土産ショップも深夜や早朝などでも空いているので、帰国する際に有効活用できるのはとても魅力的といえます。

 

また他と比べると高いのが旅行代理店のツアーなどで立ち寄るお土産店やタイのタクシーであるトゥクトゥクが立ち寄るお土産ショップです。

 

これらはいわゆる繁華街から少し離れており、地元の人は利用しないショップです。

 

しかし商品の陳列はとてもきれいになされており、商品も丁寧にパッケージされており、贈答用のお土産を見つけるにもおすすめです。

 

たくさん購入すると日本への郵送などにも対応してくれるお土産ショップもあります。

お土産を購入するのには交渉も不可欠

バンコクのマーケット

バンコクのマーケット

ばらまき用のお土産や自宅用のお土産にはデパートよりも、実はマーケットなどの市場や屋台がおすすめです。

 

これらの場所では値段の交渉をすることができ、いくつ購入するから安くしてというような交渉ができるのです。

 

多く購入すればするほど値段を下げてくれるので、その駆け引きもどこか楽しいものです。

 

また最初は高い値段をいわれることが多いので、その半分くらいが相場と思っておくとよいでしょう。

 

特に交渉におすすめなのが、タイのお土産の定番であるアロマキャンドル、Tシャツ、小物入れなどの雑貨類です。

 

ただしマーケットなどで購入した場合には、パッケージにはあまり期待できないので、ばらまき用や自宅用のお土産をたくさん購入したいときに利用するのがおすすめといえるでしょう。