バンコクの旅をもっと楽しむために

バンコクのメインストリート・シーロム通り

シーロムエリア

シーロムエリア

シーロム通りは、バンコクの北から南に走る通り、まさにバンコクのメインストリートとして親しまれています。

 

このストリートには、大型ホテル、ショッピングスポット、銀行、有名レストランなどがずらりと並んでおり、まさにバンコクの魅力がぎっしり詰まった通りといえます。

 

シーロム通りはラーマ4世通りから南西に伸び、チャオプラヤー川近くのチャルンクルン通りまで続く全長約2.5キロの長さがあります。

 

シーロム通りのちょうど真ん中でナラティワート通りとT字状にぶつかっていて、この交差点を境に少し雰囲気が変わり、静かな雰囲気に変わっていきます。

 

シーロム通りは朝早くから夜遅くまで賑わいをみせており、一人旅や女性同士の旅にもお勧めのエリアです。

 

ただし渋滞の激しい通りであることから、このエリアでタクシーを乗るよりも、少し歩いて他の通りに出てからタクシーに乗った方がスムーズなこともあります。

 

この通りを移動するのであれば、混雑を避けられるトゥクトゥクなどがお勧めです。

ビジネス街と屋台が豊富にあるシーロム通り

シーロム通りは、東京の丸の内のような雰囲気があり、昼間はビジネス街として親しまれています。

 

銀行なども多いことから、バンコクの経済の中心とも言われており、スーツを着たビジネスマンやOLもたくさん見かけます。

 

通りの途中にはバンコク銀行の本店もあり、本店らしくどこか重厚感のある雰囲気がとても印象的です。

 

またシーロム通りからソイとよばれる路地に入るとたくさんの屋台が並び、仕事を終えた人たちがごはんを食べたり、屋台でテイクアウトして持ち帰る様子なども見かけます。

 

またファッション系、雑貨、石鹸、アクセサリー、靴などの露店もたくさん出ており、値切り交渉を楽しみながらショッピングを楽しむこともできます。

 

お土産探しにもとてもお勧めのスポットといえます。

シーロム通りの北側

タニヤ通り

タニヤ通り

シーロム通りの北側のスタート地点に相応しいバンコクのシンボルといえる公園、ルンピニ公園があります。

 

そしてシーロム通りの魅力といえるのが、MRTとBTSの両方を利用できるアクセスのよさも魅力の一つです。

 

シーロム通りの北側はBTSはサラディーン駅とMRTのシーロム駅を利用することができます。

 

そしてBTSを挟んですぐ向かいにあるのがバンコクの定番ホテルデュシタニバンコクです。

 

シーロム通りの北側はタニヤ通りやパッポン通りなどがこの通りとぶつかっており、歓楽街として親しまれています。

 

そのため夜になるとたくさんの外国人観光客や地元の駐在員がたくさん訪れて、常に賑わいを見せています。

 

またシーロム通りは、他のバンコクの通りと比べると大型ショッピングスポットは少ないですが、中でも比較的大きい商業施設として知られているのが、「シーロムコンプレックス」です。

 

地下1階から4階までアパレル関係のお店やレストランなどが入っており、日本食や無印良品などもお店も入っています。

 

BTSサラディーン駅に直結しているため、アクセスがしやすいことも魅力の一つです。

シーロム通りの南側

ルブアアットステートタワー

ルブアアットステートタワー

またシーロム通りは南の方になると、少し雰囲気が異なり屋台なども少なくなり、オフィスビルも少なくなってくるため、静かな雰囲気に包まれてきます。

 

その分ホテルなどが多くなってきてナライホテル、トリプルトゥーシーロムホテル、ホリディインシーロムホテル、ノボテルホテルなどがあり、もっとも南側にあるのが今注目のホテルであるルブアアットステートタワーがあります。

 

世界で一番高いレストランシロッコが入っており、金色のドームがとても印象的です。

 

このエリアのホテルはやや割高ですが、ロケーションがよくバンコクの観光にとてもお勧めです。