バンコクの旅をもっと楽しむために

バンコクのナイトスポット・アジアティークザリバーフロント

アジアティークザリバーフロントへのアクセス

アジアティークザリバーフロントへのアクセス

バンコクの新しいナイトスポットとして注目を浴びている場所といえば、アジアティークザリバーフロントです。

 

チャオプラヤ川沿いに位置しており、船でアクセスする斬新なスタイルも注目を浴びています。

 

ここはシャム王国時代の船着場を再現し、建物に使われている倉庫は当時のままのものを使っていることから、モダンとレトロが融合しているかのような雰囲気も楽しむことができます。

 

敷地内は東京ドーム約2.5個分もの広さを誇り、約1500のショップと40件のレストランが入っています。

 

非常に敷地面積が広いため、エリアごとに効率よくショッピングを楽しむようにするのがお勧めです。

 

4つのエリアからなるアジアティークザリバーフロント

4つのエリアからなるアジアティークザリバーフロント

4つのエリアからなるアジアティークザリバーフロント

アジアティークザリバーフロントは、主に4つの地区に分かれており、まずはその場所をしっかりと把握すべくインフォメーションセンターで地図を手に入れるようにするのがお勧めです。

 

中でもチャルンクルン地区とよばれるエリアは、もっとも大きいエリアとなり、時間があまりない場合には、まずはここからショッピングを楽しむようにするのがお勧めです。

 

ここは雑貨、アパレル、アクセサリーなどのお店が約1000店舗並んでいます。

 

基本的に同じ商品であれば、どのお店で購入しても値段はほとんど変わらないので、気になる商品があったら、思い切って購入するとよいでしょう。

 

後からそのお店に戻ろうと思っても、場所が分からなくなってしまうことも少なくありません。

幅広い年齢層がファッションを楽しめるファクトリー地区

またファッションやアクセサリーなどをメインに楽しみたい場合には、ファクトリー地区に足を運んでみるのもお勧めです。

 

かつての木材工場を改装した建物の中に、約500店のお店が入っています。

 

若者向けのファッションアイテムだけではなく、子ども服、スポーツ用品、紳士服などもあり、幅広い年齢層が楽しめるようになっています。

 

中には200バーツ均一のようなユニークなお店、オーガニック素材にこだわっているお店、エキゾチックなデザインの服をたくさん取り扱うお店など、まさにファッションに関するものは何でも揃っています。

2つのエリアにあるグルメスポット

アジアティークザリバーフロントのレストラン

アジアティークザリバーフロントのレストラン

またアジアティークの醍醐味といえば、インターナショナルなレストランがたくさん揃っており、おいしいグルメスポットが豊富にあることです。

 

グルメスポットは2つあり、一つはタウン・スクエアとよばれる地区にあり、東洋と西洋のグルメの両方を楽しむことができます。

 

またウォーターフロント地区は、チャオプラヤー川沿いに面しており、ワンランク上のレストランがたくさん集まっています。

 

川沿いにあることから美しい景色を楽しみながら、グルメを楽しむことができます。

 

川沿いには遊歩道が整備されているので、ちょっとした散歩を楽しむことができます。

 

またショッピング以外にものんびりとした時間を過ごすことができる穴場なスポットといえるでしょう。

アジアティークをより楽しむ方法

アジアティークでは、カード支払が可能なお店もありますが、ほとんどが現金のみとなっているので、ショッピングを楽しみたい方はなるべく現金を多めに持っていくようにすることがお勧めです。

 

また日本とは異なり、細かいお釣りが用意されていないことも少なくはありません。

 

特に単価の安いお店では、大きな紙幣があまり好まれない傾向にあるので、細かいお金を持っていくようにするとよいでしょう。

 

またお店ではエアコンがかなり強く効いていることも多いので、一枚羽織りものがあると便利です。

 

また人気のレストランでは、予め予約をしておくこともお勧めです。

 

特に夕方から賑わいを見せるアジアティークでは、ショッピングを楽しんだ後に、レストランで夕食を食べていくことを計画している人が多く、18時以降になるとどこも非常に混雑してきます。

 

混雑してくるとレストランによってはかなり待つこともあるので、少し早めの夕食を計画してみることもお勧めです。