バンコクの旅をもっと楽しむために

バンコクの中心部にあるバンコクアートアンドカルチャーセンター

バンコクアートアンドカルチャーセンター

バンコクアートアンドカルチャーセンター

バンコクアートアンドカルチャーセンター近くのMBK

BACC近くのMBK

バンコクアートアンドカルチャーセンターは、サイアムスクエアのある交差点の一角に建ち、ナショナルスタジアム駅から直結している便利なロケーションを誇っています。

 

ここはタイの芸術と文化に触れることができるスポットとして知られており、通常「Bangkok Art and Culture Center」の頭文字をとって「BACC」とも表記されます。

 

総面積は25,000uにも及び、その広さはバンコク最大級ともいわれています。

 

すぐ近くにはバンコクの有名なショッピングスポットであるマーブンクローンセンター(MBK)やサイアムディスカバリーセンターなどが建ち並び、ロケーションのよさも魅力の一つです。

 

バンコクの中心エリアにあることからちょっとした空き時間にも気軽に足を運ぶことができ、タイの文化と芸術に出会うことができ、その魅力はなんといっても無料で見学をすることができることもあります。

 

建物は9階建てとなっており、1階から5階まではカバンやカメラを持参することができますが、7階から9階までは一度預ける仕組みとなっています。

 

また見学する際には写真撮影が許可されているものとそうでないものがあるので、よく注意するようにしましょう。

 

バンコクの中心部にあるにも関わらず観光客が少ないため、バンコクの喧騒を忘れてゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

また天候に左右されずに楽しむことができるので、天候の悪い日の観光スポットにもとてもおすすめといえるでしょう。

バンコクアートアンドカルチャーセンターを楽しもう!

バンコクアートアンドカルチャーセンターは内部だけではなく、建物の周辺にもたくさんのアート作品が展示されており、大きなモニュメントは写真スポットとしてもとても最適です。

 

美術館の内部にはらせん状の階段が巡っており、とてもモダンな雰囲気に包まれています。

 

白を基調とした内部の構造はとても洗練された空間となっており、展示ブースはガラス張りで仕切られていたりと、お洒落な雰囲気さえ感じられます。

 

中央が開放感のある吹き抜けの構造となっており、その周りの円形の通路にもたくさんの写真や絵画などが展示されています。

 

館内にはたくさんの椅子や置かれており、広々とした空間でありながらもさほど疲れを感じることなく、アートの鑑賞を楽しむことができます。

 

新しい手法を取り入れた現代アートが作品の中心ですが、それ以外でも子どもでも親しみやすい動物の写真なども飾られており、幅広い年齢層が楽しめるように工夫がされています。

 

9階の展示会場はメイン会場となっており、期間限定で様々なイベントが開催されています。

 

日本のいわさきちひろさんの絵画展や、タイの子ども達が描いた絵を展示していたりと、訪れる度に異なる魅力に出会うことができます。

 

特にタイアートはどこかエキゾチックな雰囲気に包まれており、日本とは少し異なる視点で描かれている作品はアーティストを知らなくても楽しむことができます。

館内の施設も充実しているバンコクアートアンドカルチャーセンター

館内には複数のカフェテリアはあるのでちょっとした休憩場所にも最適であり、ギャラリーも併設されています。

 

またお土産ショップも充実しており、アート系の本が豊富に揃っている本屋、若手アーティストの作品なども購入可能となっていり、ここでしか購入できないアイテムが豊富に揃っています。

 

地下にはライブラリーがあり、規模こそはさほど大きくはないものの、タイ国王の関連の本やアートの本などを無料で閲覧することができます。

 

インターネットを無料で利用できるスペースもあり、まるで大学の図書館のような静けさが漂っており、ちょっとした調べものをするのにもとてもおすすめの空間となっています。