バンコクの旅をもっと楽しむために

MBKのフードコート

MBKの外観

MBKの外観

バンコクのナショナルスタジアム駅に直結しているショッピングセンターとして知られる「MBK」は、地元バンコクの人はもちろんのこと、観光客にも人気のスポットです。

 

そんな「MBK」に人気のグルメスポットとして知られているが、6階のMBKのフードコートであり、リーズナブルな価格とバライティ豊かなメニューが揃っていることがその人気の秘訣といえます。

 

ナショナルスタジアム駅周辺のレストランは、観光客向けのところも多いため、全体的に値段がやや高いところが多いですが、ここMBKのフードコートは庶民的な値段となっています。

 

フードコートのすぐ横もショッピングスポットとなっており、まさに買い物の合間の休憩に気軽に利用することができるのは何よりの魅力です。

 

スペースも広々としており、清潔感もあるので安心して利用することができます。

MBKのフードコートの利用方法

MBKのフードコート

MBKのフードコート

MBKのフードコートはセルフサービスとなっており、チケット制となっています。

 

多めにチケットを購入しても後で返金できる仕組みとなっています。

 

1食あたり50〜100バーツ前後で食べることができるので、一人あたり200バーツのチケットを購入しておけばお腹いっぱい満喫することができます。

 

ただし年々少しずつ値段も上がっている傾向にありますが、屋台は衛生面が心配という方でもここであれば、室内で安心して利用することができます。

 

それぞれのお店には英語のメニューがあるほか、サンプルなども置かれているので、タイ語が分からなくても心配はいりません。

 

指を指して注文できるので間違えがなく、とても安心できます。

 

お昼の時間帯になると、バンコクのOLたちがランチにもやってきて、満席になってしまうほどの人気のスポットとなっています。

 

特に12〜13時の間は混雑がしやすいので、少し時間帯をずらして利用してみるのもおすすめです。

バライティ豊かなMBKのフードコート

フードコートにはタイ料理はもちろんのこと、イタリアン、ベトナム、ラーメン、カレー、中華、シンガポール料理に至るまでどれを食べるのか迷ってしまうほどです。

 

中には鉄板焼きのお店などもあるので、ビールを注文すればプチ居酒屋気分を味わうことができます。

 

また小腹が空いたときにも嬉しいのがスイーツ系のお店も充実していることです。

 

クレープやアイスクリームなどもあるほか、ジューススタンドやスムージーの専門店もあります。

 

学校帰りの学生たちがスイーツを食べながら楽しそうはひとときを過ごしている光景も、どこか微笑ましいものです。

 

 

関連ページ

グルメスポット「siam cuisine」へ行こう
シロッコ(Sirocco)へのアクセス
カンチャナブリのザフローティングレストラン
プーパッポンカリーが人気の「ソンブーンシーフードレストラン」
名物はカオマンガイ!「ラーンガイトーンプラトゥーナム」
女性から人気のメサミス・カフェ
コーヒーショップ「ブラックキャニオンコーヒー」
タニヤの居酒屋「魚ふく」
バンコクのカフェ・コーヒーワールド
サイアムパラゴンのフードコート
バンコクで人気のトーストが名物のミルクプラス
アジアティーク・ザ・リバーフロントのお洒落なレストラン「チェックメイト」
タイスキの名店MKレストラン
ターミナル21にあるユニークなフロア・サンフランシスコとピア21
バンコクにある牛丼チェーン「すき家」
カフェに最適なウィタードオブチェルシー
バンコクでも人気のミスタードーナツ
中華の名店「和盛豊(フアセンホン)」
家庭的な料理が人気のバーンクンメー(Ban Khun Mae)
タイの高級レストラン「ブルーエレファント」
日本でも人気のバンコクのマンゴーツリー
高級レストラン「バーン・カニタ」
夜景を楽しめるお洒落なバー・シロッコスカイバー
ワット・アルンが見える「ザ・デッキ」
バンコクのベストフレンチ「ル・ノルマンディ」
バンコクのおいしいイタリアンレストラン「Sensi Restaurant」
クアンシーフードの名物・蟹のカレー炒め
おいしいクレープを楽しめる「クレープス&カンパニー」
日本人から定評のあるタイ料理のお店「トン・クルアン」
ガイヤーンが名物のラープランスアン
日本人がオーナーの「NEAR EQUAL(ニアイコール)」
チャイナタウンにあるT&Kシーフード
ピアノの生演奏を楽しめるシェラトンバンコクのザ・リビングルーム
ビュッフェが人気のネクスト2カフェ
高級割烹料理を楽しめる菊水