バンコクの旅をもっと楽しむために

タイ最大級のマーケット「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの入り口

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの入り口

タイ最大級のマーケットとして知られているのが、週末限定で開催されるチャトゥチャックウィークエンドマーケットです。

 

約10万平方メートルの広大な面積を誇る敷地内は、8つのゾーンに分かれており、一日かけても全て見ることができないほどの非常に広い面積を誇っています。

 

8つのゾーンに分かれており、衣類、インテリア、ペット、骨董品、古本、中古品、園芸、グルメスポットからから構成されており、飲食のゾーンではおいしいグルメがリーズナブルな価格で楽しめることもその魅力の一つです。

 

 

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの魅力といえば、タイのローカルな雰囲気とその熱気を楽しむことにあります。

 

ゴミゴミとしたマーケットの雰囲気は、アジアンな雰囲気を感じずにはいられません。

 

掘り出しものをみつけてみたり、タイならではの物価の安さを楽しんでみたり、日本とは異なる量り売りの光景をみたり、グルメスポットではその見た目からは中身が想像できないようなものも多く、特別に目的がなくてもぶらぶらと歩いているだけでも楽しいものです。

 

マーケットには1万5000店舗以上もの屋台が出店しており、1日あたり20万〜30万人の人が訪れるといわれています。

 

観光目的だけではなく、世界各国からのハイヤーも多く訪れるといわれています。

 

最寄り駅はカムペーン・ペッ駅下車2番出口からすぐ、BTSスワムウィット駅モーチット駅下車から徒歩5分の場所に位置しています。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットをより楽しむために

チャトゥチャックウィークエンドマーケット

チャトゥチャックウィークエンドマーケット

マーケットのグルメ

マーケットのグルメ

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの営業時間は、朝8時から18時となっており、日曜日は遅くなると店じまいとなってしまうこともあるので、できるだけ早めにでかけるようにするのがおすすめです。

 

また欲しいと思ったものがあればその場ですぐに購入するように心掛けることも重要なポイントです。

 

マーケットは非常に複雑に入り組んでおり、一度通り過ぎてしまうと再び戻ってこられる保証がないため、素早い決断がとても重要です。

 

週末限定のマーケットとして知られていますが、実は金曜日にも一部のお店はオープンしているので、数こそ少ないものの狙い目ともいえるでしょう。

 

またマーケットの醍醐味といえば、値段交渉をしながらショッピングを楽しむことができることにあります。

 

特にお土産品はデパートでも販売されているものと同様のものでも、マーケットで購入すればリーズナブル価格で手に入れられることもあります。

 

値段交渉をする際には、なるべくたくさんのものをまとめて交渉するようにしてみるのもよいでしょう。

 

同じお店で複数のアイテムを交渉することで、よりリーズナブルな価格で購入できることもあります。

 

またマーケットは非常に混雑をしていることから、万が一同行者とはぐれてしまったときのために待ち合わせ場所を決めておくことも、とてもおすすめです。

 

ただしマーケットの最寄りの駅は歩くのもやっとなほどの混雑のため、待ち合わせ場所にはおすすめできません。マーケット中央にある時計塔を待ち合わせ場所に決めておくとよいでしょう。

 

またマーケットが開催される週末は、最寄り駅は非常に混雑をするので切符などは予め購入しておき、切符を購入するための小銭も事前に用意しておくとよいでしょう。

 

バンコクの駅は隣の駅まで歩いてもさほど距離はないため、一つ離れた駅まで歩いてしまうことも混雑を避けるためにはとてもおすすめです。

 

またマーケットには日陰が少ないため、日焼け対策は必須となっています。マーケットには何か所か有料のお手洗いが設置されているので、次を見つけられる保証がないため見つけたらなるべく利用しておくようにしましょう。