バンコクの旅をもっと楽しむために

バンコクの中のインド街「パフラット市場」

バンコクには様々な市場がありますが、中でもローカル色が強く、観光客にはあまり知られていない市場にパフラット市場があります。

 

チャイナタウンに近いことから、合わせて観光を楽しむのにもお勧めのスポットです。

 

パフラット市場はバンコクの中のインドを感じられるスポットであり、タイとは異なるエキゾチックなムードに包まれています。

 

市場の入り口には緑色の大きなガネーシャ象あり、この市場のシンボルとなっています。

 

細いゴミゴミとした路地にたくさんのお店が並び、服飾関係、グルメ、アクセサリー、お香などたくさんのお店が並んでいます。

 

ヒンズー語が飛び交い、ターバンを巻いたインド人がたくさん行き交いインドの熱気を感じずにはいられません。

 

日本語は通じませんが、ほとんどのお店で英語が通じるため、コミニュケーションにはさほど苦労することなく、観光を楽しむことができます。

 

また市場ではミャンマー人も多く、ミャンマーの屋台も楽しむことができます。

 

ここパフラット市場は駐在員の奥さんたちも良質な生地を買い求めにやってくるスポットで、週末になるとより一層賑わいを見せます。

パフラット市場で欠かせないインド生地

パフラット市場でやはりよく見かけるものといえば、インド―のサリーとよばれる服飾関係のお店です。

 

インドから直輸入しているので、デパートなどで購入するよりも断然リーズナブルで、手芸や洋裁が好きな人は必見となっています。

 

お店の前にはロール状になった生地が山積みにされており、バイヤーたちが買い付けにきている光景もよく見かけます。

 

インド生地は色のバリエーションも豊富でサイズやデザインも豊富です。色々なお店を見比べながらショッピングを楽しむこともお勧めで、少しずつお店によってそのテイストが異なることが分かります。

 

また生地以外にも洋裁グッズもたくさんあり、ボタン類なども豊富です。

 

くるみボタン、花や象の形をしたボタン、蛍光色の派手なボタンなど、1個単位から購入できます。

 

またオーダーメイドに対応しているテーラー屋さんもあり、ドレスなどを自分好みのものをオーダーすることもできます。

 

オーダーメイドの場合には数日かかることもあり、日本や滞在先のホテルに郵送してくれることもあります。

お土産探しにも最適なパフラット市場

パフラット市場は土産探しにも最適なスポットのお店であり、ヒンズー教の神様の像を扱うお店、アロマ、石鹸、お香、スパイス、インド映画のDVDやCDなどのお店があります。

 

日本円で100円くらいから購入できるものも多く、ばらまき用のお土産探しにも最適です。

 

CDは一枚あたり200バーツ(600円)前後で販売されています。

 

食料品店ではインド紅茶のチャイが1キロ100バーツ(300円)で販売されており、そのほかカレーパウダーやタンドリーチキンパウダーなども販売されています。

 

またアクセサリー、バッグ、靴なども豊富で、自分用のお土産を見つけることもできます。

インドのグルメを楽しもう!

またインドのグルメを楽しむことができることも、パフラット市場の醍醐味です。

 

屋台や食堂などが多く、値段もとても安いので、食べ歩きを楽しむのにもお勧めです。

 

カレーが多いですが、スパイシーなプリン、ラッシーとよばれるドリンクなどもあり、散策の休憩にもお勧めです。

 

パフラット市場を楽しむ際の注意点とは

ただし市場はとてもゴミゴミとしている上、道がガタガタとしておりとても歩きにくいため、歩きやすいスニーカーなどがお勧めです。

 

また同じようなお店が多いので、後でどこで見たのか分からなくなってしまうこともあるので、気になるお店を見つけたら目印などを見つけておくとよいでしょう。

 

お店は冷房が効いていないところも多いので、水分補給は小まめにするようにすることもお勧めです。

 

関連ページ

ワットプラケオ(王宮)を観光する際の注意点
世界の仏像と出会えるワット・ベンチャマボピット
チャオプラヤ川のディナークルーズ
ワット・ポーへのアクセス
ワット・ベンチャマボピットの菩提樹と運河
タイ古式マッサージの総本山といわれるワット・ポー
穴場な寺院「プーカオトーン(ワットサケット)」
ワットアルン(暁の寺)へのアクセス
ワットプラケオの本堂の魅力
バンコクの市庁舎周辺のサームプレーンを歩こう
ラマ5世が住んだ宮殿として知られるウィマンメーク宮殿
南国の動物にたくさん出会えるドゥシット動物園
タイの仏教美術史を学べる国立博物館
ワットプラケオの壁画と仏塔
ワット・ポーの涅槃仏から読み解く仏教の世界
ドゥシット地区にあるアナンタサマーコム宮殿
ワットプラケオにある宮殿
三島由紀夫の小説の舞台にもなったワットアルン
ラーマ1世によって建立されたワット・スタット
バンコクにあるシリラート病院内の博物館
チャオプラヤ川の西側に広がるトンブリー地区
ローカルな雰囲気が漂うタリンチャン水上マーケット
美しい船がたくさんある王室御座船博物館
王宮エリアにある豪華な寺院「ワット・ラーチャボピット」
歴代国王の修行の場であった「ワット・ボウォンニウェート」
ワットポーの本堂と回廊
王宮エリアの観光の注意点とは
王宮エリアへのアクセス
バンコクの新旧を感じられるチャルンクルン通り(Charoen Krung road)