バンコクの旅をもっと楽しむために

チャルンクルン通りの歴史

チャルンクルン通りは、運河が主要な交通路だった水の都バンコクで、「馬車で走れる道路が欲しい」という外国人の要望に応じて、ラーマ4世が建立したバンコク最初の舗装道路です。

 

1861年から3年の歳月をかけて作られ、この「チャルンクルン」とは、ラーマ4世が命名したもので繁栄を意味しています。

 

建設当時の道路の長さは8575メートルにも及び、バンコクの近代化を支えてきたといっても過言ではないバンコクのメインストリートとして、その歴史を刻んできました。

 

この通りの周辺には外国人移住者も多く住んでいたといわれており、かつては路面電車も走っていました。

 

現在は運行されていませんが、そのレプリカはバンコクのナイト観光スポットであるアジアンティークに展示されています。

 

まさにチャルンクルン通りは、バンコクの新旧を感じられる通りといえるでしょう。

現在のチャルンクルン通り

レストラン・シロッコ

レストラン・シロッコ

チャオプラヤー川と並行して東西に走る通りで、ヤオワラート通りの一本北側の通りをさします。

 

この通りはラーマ3世橋付近から北に延び、BTSサパーンタクシン駅近くを通り、最終的には王宮の側を通る通りです。

 

中でもそのシンボルといえるのが、シーロム通りのもっとも端にあり、チャルンクルン通りのT字路にあるルブアアットステートタワーとよばれるホテルです。

 

このホテルの屋上地上247メートルにあるのが高級レストラン・シロッコ(Sirocco)です。

 

その黄金色に輝く建物は、まさにバンコクの近代化のシンボルともいえます。

 

またチャルンクルン通りは、今では交通量が多い道路の一つとなり、朝や夕方の時間帯になるとひどい渋滞もしばしばみられます。

 

 

ファランポーン駅からチャイナタウンへアクセスする際には、ヤオワラート通りよりもこの通りを利用すると1本なので迷わず到着できます。

 

またチャオプラヤー川も近いことから通りには緑も多く、ところどころで涼むことができることもできます。

チャルンクルン通りのお店

チャルンクルン通りには、中華街が近いことからその影響を受けているお店が多くみられますが、大きな金行やレストランはなく、どこかローカルな雰囲気が感じられます。

 

通り沿いには商店や食堂などがたくさん並んでおり、どこか庶民的な雰囲気がありながらも、人出はヤオワラート通りに負けていません。

 

タイの人たちの日常を垣間見ることができることも、ここチャルンクルン通りならではの醍醐味といえます。

 

中でもよく見かけるお店といえば、アクセサリーショップです。

 

シルバージュエリー、アクセサリー、天然石などを扱うお店がたくさん並んでいます。

 

問屋も多いことから、買い付けに来る人も多く、バンコクの中心部と比べると断然リーズナブルな価格で購入することができます。

 

まさにお土産にも穴場なスポットといえます。

チャルンクルン通りの観光スポット

特に通り沿いにあるワットマンコンは参拝者や観光客で、大変な賑わいを見せています。

 

この寺院は約100年前に建てられたタイで最も古いといわれる、有名な中国仏教寺院です。

 

特に旧正月には人で溢れかえるほどごった返しており、ローカルな人たちから広く親しまれていることを伺い知ることができます。

 

またもう一つチャルンクルン通りに面するワットヤーンナーワーとよばれる、第3級王宮寺院も観光スポットの一つです。

 

入場料は無料で、バンコクでは唯一大きな船の形をした建物がそのシンボルとなっており、白衣観音菩薩廟やラーマ3世の銅像などがあります。

 

実際に船の上も見学することができ、なんともユニークな寺院は、まさに穴場な観光スポットといえます。

 

関連ページ

ワットプラケオ(王宮)を観光する際の注意点
世界の仏像と出会えるワット・ベンチャマボピット
チャオプラヤ川のディナークルーズ
ワット・ポーへのアクセス
ワット・ベンチャマボピットの菩提樹と運河
タイ古式マッサージの総本山といわれるワット・ポー
穴場な寺院「プーカオトーン(ワットサケット)」
ワットアルン(暁の寺)へのアクセス
ワットプラケオの本堂の魅力
バンコクの市庁舎周辺のサームプレーンを歩こう
ラマ5世が住んだ宮殿として知られるウィマンメーク宮殿
南国の動物にたくさん出会えるドゥシット動物園
タイの仏教美術史を学べる国立博物館
ワットプラケオの壁画と仏塔
ワット・ポーの涅槃仏から読み解く仏教の世界
ドゥシット地区にあるアナンタサマーコム宮殿
ワットプラケオにある宮殿
三島由紀夫の小説の舞台にもなったワットアルン
ラーマ1世によって建立されたワット・スタット
バンコクにあるシリラート病院内の博物館
チャオプラヤ川の西側に広がるトンブリー地区
ローカルな雰囲気が漂うタリンチャン水上マーケット
美しい船がたくさんある王室御座船博物館
王宮エリアにある豪華な寺院「ワット・ラーチャボピット」
歴代国王の修行の場であった「ワット・ボウォンニウェート」
ワットポーの本堂と回廊
王宮エリアの観光の注意点とは
王宮エリアへのアクセス
バンコクのインド街・パフラット市場