バンコクの旅をもっと楽しむために

ローカル色の強いタリンチャン水上マーケット

近年バンコクの都市化に伴い、減りつつある水上マーケットですが、実はバンコクから気軽にアクセスできるマーケットがあります。

 

それがタリンチャン水上マーケットとよばれるマーケットで、ローカル色の強いマーケットとして知られています。

 

このマーケットへはバンコクからバスでアクセスできるので、個人でもアクセスすることができます。

 

このマーケットは土日限定で開催されていることから、規模こそはやや小さいものの、運河沿いに暮らす人たちのローカルな光景を楽しむことができます

タリンチャン水上マーケットへのアクセス

タリンチャン水上マーケットはトンブリー地区に位置しています。

 

サイアム駅すぐ目の前のサイアムセンターの前にバス停があり、そこから79番のバスでダイレクトにアクセスすることができます。

 

もしくは伊勢丹の前のバス停にも79番のバスは走っているので、こちらからも乗車することができます。

 

運賃は約20バーツ(60円)となっており、リーズナブルな価格は何よりの魅力といえます。

 

またバンコクの中心部からもタクシーでアクセスすることができ、運賃は約200バーツ(600円)となっています。

 

いずれの方法も所要時間は40分ほどとなっています。

 

また近年この水上マーケットを訪れるオプショナルツアーなどもあるので、それを利用して訪れることもお勧めです。

 

運河では2時間ほどかけて、一周するボートツアーで、マーケットを楽しむことができるだけではなく、ローカルな人たちの暮らしを垣間見ることもできます。

 

料金は時間や利用する旅行会社によって異なりますが、100バーツ前後(300円)が相場となっています。

 

ボートツアーではまさに運河とともに歩んできた生活の知恵や工夫など、たくさんの発見があることもこのマーケットの魅力といえます。

 

ボートツアーでは途中で寺院に立ち寄ったり、オーキッドファームに立ち寄ったりと、いろいろな観光を楽しむことができます。

 

ツアー会社によって立ち寄るスポットが異なるので、事前にしっかりと確認をしておけば、リピーターでも異なる内容で楽しむことができます。

 

また途中でなまずにエサを上げる体験もすることができ、まさにローカルな環境ならではの体験をすることができます。

おいしいグルメを楽しめるタリンチャン水上マーケット

水上マーケットへ行く途中の道には、たくさんの屋台が出ており、野菜、果物、日用品、土産品、花など、たくさんのものが販売されており、まさにローカルな雰囲気に包まれています。

 

近年穴場な観光スポットとして人気が高まりつつあることから、値段はやや上昇傾向にあるものの、バンコクの中心部比べると断然リーズナブルな価格となっています。

 

水上マーケットは基本的にはグルメがメインとなっており、ローカル価格でおいしいグルメをお腹いっぱい食べることができます。

 

メニューは英語にも対応していますが、写真付きとなっているので、指さしで注文をすることができます。

 

特に海鮮などを使ったメニューが多く、好みに味にオーダーできるお店もあります。

 

蟹やエビ料理などもたくさんあるので、ウエットティッシュがあると便利です。

 

またチャーハンやタイ風焼きそばのパッタイなどは約30バーツ(90円)前後から楽しむことができ、おいしいタイのグルメを存分の満喫することができます。

より楽しむための注意点とは

ボートツアーは数十人が乗ることができるものですが、乗り心地はあまり快適とはいえないので、椅子に一枚ひくものがあると便利です。

 

また屋根はありますが、窓はないので水しぶきがかかることもあるので、汚れてもよい服装がお勧めです。

 

直射日光にもあたりやすい環境にあるので、日焼け対策なども必須となっています。

関連ページ

ワットプラケオ(王宮)を観光する際の注意点
世界の仏像と出会えるワット・ベンチャマボピット
チャオプラヤ川のディナークルーズ
ワット・ポーへのアクセス
ワット・ベンチャマボピットの菩提樹と運河
タイ古式マッサージの総本山といわれるワット・ポー
穴場な寺院「プーカオトーン(ワットサケット)」
ワットアルン(暁の寺)へのアクセス
ワットプラケオの本堂の魅力
バンコクの市庁舎周辺のサームプレーンを歩こう
ラマ5世が住んだ宮殿として知られるウィマンメーク宮殿
南国の動物にたくさん出会えるドゥシット動物園
タイの仏教美術史を学べる国立博物館
ワットプラケオの壁画と仏塔
ワット・ポーの涅槃仏から読み解く仏教の世界
ドゥシット地区にあるアナンタサマーコム宮殿
ワットプラケオにある宮殿
三島由紀夫の小説の舞台にもなったワットアルン
ラーマ1世によって建立されたワット・スタット
バンコクにあるシリラート病院内の博物館
チャオプラヤ川の西側に広がるトンブリー地区
美しい船がたくさんある王室御座船博物館
王宮エリアにある豪華な寺院「ワット・ラーチャボピット」
歴代国王の修行の場であった「ワット・ボウォンニウェート」
ワットポーの本堂と回廊
王宮エリアの観光の注意点とは
王宮エリアへのアクセス
バンコクの新旧を感じられるチャルンクルン通り(Charoen Krung road)
バンコクのインド街・パフラット市場