バンコクの旅をもっと楽しむために

王宮・ドゥシット周辺記事一覧

ワットプラケオ(王宮)を観光する際の注意点

バンコクのワットプラケオ(王宮)バンコクの観光スポットの中でもメジャーな場所の一つとして知られているのが、エメラルド寺院の通称で知られている「ワットプラケオ(王宮)」です。1782年にラマ1世が現在の王朝であるチャクリー王朝を開いたときに護国寺として建てた寺院であり、タイの中でももっとも煌びやかな寺...

≫続きを読む

 

世界の仏像と出会えるワット・ベンチャマボピット

ワット・ベンチャマボピットの外観タイのバンコクにはたくさんの寺院が点在しており、ややマイナーなものを巡ってみるのも寺院本来の静けさを感じることができるので、とてもおすすめです。その一つがワット・ベンチャマボピットとよばれる寺院で、ラマ5世通りの交差点近く、シー・アユタヤ通りに位置しています。この寺院...

≫続きを読む

 

チャオプラヤ川のディナークルーズ

チャオプラヤ川バンコクを流れるチャオプラヤ川は、夜に楽しめる観光スポットの一つとしても親しまれています。それこそがチャオプラヤ川のディナークルーズであり、昼間とは異なる雰囲気がその人気の理由といえます。昼間のチャオプラヤ川は、バンコクの人たちが生活している様子やマーケットなどタイの生活感を感じること...

≫続きを読む

 

ワット・ポーへのアクセス

巨大な仏像バンコクのメジャーな観光スポットの一つとして知られているのが、バンコク最古の歴史を持つ寺院ワット・ポーです。正式名称ワット・プラチェートゥポンといい、日本のガイドブックなどでは涅槃仏寺とも紹介されています。この巨大な仏像がワット・ポーのハイライトでもあり、その高さは12メートル、全長49メ...

≫続きを読む

 

ワット・ベンチャマボピットの菩提樹と運河

ワット・ベンチャマボピットは別名大理石寺院とも呼ばれており、バンコクの王宮やワット・アルンと並び、バンコクを代表する観光スポットとして知られています。この寺院はラーマ5世によって1899年に建てられたものであり、タイの寺院としては珍しくローマ式の円柱、ステンドグラス、イタリア産の大理石などが使われて...

≫続きを読む

 

タイ古式マッサージの総本山といわれるワット・ポー

マッサージの総本山として知られるワット・ポーワット・ポーの涅槃物バンコクにあるワット・ポーは涅槃物でよく知られるタイの有名な寺院ですが、実はワット・ポーはタイ古式マッサージの総本山としても知られています。ワット・ポーはラーマ3世の時に大改修を行い、今のような見応えのあるお寺に発展をした歴史があります...

≫続きを読む

 

穴場な寺院「プーカオトーン(ワットサケット)」

プーカオトーン(ワットサケット)の仏塔バンコクにはたくさんの寺院がありますが、穴場な寺院は観光客も少なく、ゆっくりとした時間の中で、タイの観光を楽しむことができます。その一つがバンコクの歴史地区であるドゥシット地区にある「プーカオトーン(ワットサケット)」です。最寄駅としては、バンコクのターミナル駅...

≫続きを読む

 

ワットアルン(暁の寺)へのアクセス

「暁の寺」とよばれるワットアルンワットアルンはバンコクを代表する観光スポットであり、日本の三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台として、その名の通り美しい朝焼けが有名な寺院として知られています。タイの10バーツ硬貨にもワットアルンの姿が描かれており、その美しい寺院は多くの人たちを魅了しています。ワットアル...

≫続きを読む

 

ワットプラケオの本堂の魅力

ワットプラケオの本堂前タイでもっとも格式高い場所として知られているのが、ラマ1世がバンコクに遷都した1782年に建立されたワットプラケオです。入場料は500バーツ(1500円)となっており、バンコクの観光スポットの中ではかなり高い料金となっていますが、一見の価値のある見応えのあるスポットです。回廊で...

≫続きを読む

 

バンコクの市庁舎周辺のサームプレーンを歩こう

バンコクの中心部にはたくさんモダンなショッピングスポットやビルが立ち並んでいますが、王宮周辺の路地裏にはバンコクのローカルな雰囲気が感じられる場所があります。その一つが「サームプレーン」とよばれる場所です。近くにはバンコクを代表する観光スポットであるエメラルド寺院やワット・ポーなど数多くの見どころが...

≫続きを読む

 

ラマ5世が住んだ宮殿として知られるウィマンメーク宮殿

ウィマンメーク宮殿は様々な宮殿や寺院が集中しているバンコク北西部にあり、現在国や王位の儀式などに使用されている旧国会議事堂やドゥシット動物園などがある、ドゥシット地区に位置しています。ウィマンメーク宮殿の入り口が分かりづらいので、タクシーを使うのがおすすめです。この宮殿はラマ5世によって別荘として建...

≫続きを読む

 

南国の動物にたくさん出会えるドゥシット動物園

ドゥシット動物園は、バンコク中心部の官庁街エリアに位置しており、とてもアクセスの便利なロケーションに位置しています。ドゥシット地区にあり、新旧の国会議事堂とチットラダー宮殿の間のラマ5世通りに位置し、ロイヤル・プラザの近くにあります。この動物園はタイでもっとも古い動物園として知られており、1938年...

≫続きを読む

 

タイの仏教美術史を学べる国立博物館

バンコクにある国立博物館は、タイ国内の最大級の博物館として知られており、収蔵品は1000点以上を誇ります。この国立博物館はラマ5世の時代である1874年に王宮内に造られたものでしたが、1887年に現在の場所に移転をした経緯があります。もともとこの建物自体は副王のための宮殿であったものですが、ラマ5世...

≫続きを読む

 

ワットプラケオの壁画と仏塔

ワットプラケオの入り口ワットプラケオの壁画ワットプラケオを囲む回廊には色鮮やかな壁画が描かれています。入り口はいくつかあり、そこにはヤックとモックが建っています。ヤックとモックは王宮の門番で、ヤックは鬼の顔をしており、モックは猿の神といわれています。どちらもいかめしい顔をしており、まさに王宮を守って...

≫続きを読む

 

ワット・ポーの涅槃仏から読み解く仏教の世界

ワット・ポーバンコクの観光スポットに欠かせないスポットといえば、涅槃仏で有名なワット・ポーが知られています。タイではこの涅槃仏は様々な寺院に祀られていますが、ここワット・ポーの涅槃物はその壮大なスケールがまさに圧巻そのものといえます。その他にもアユタヤのワット・ヤイ・チャイモンコンなどでも大きな涅槃...

≫続きを読む

 

ドゥシット地区にあるアナンタサマーコム宮殿

アナンタサマーコム宮殿はドゥシット地区にあり、チトラダ宮殿やウィマンメーク宮殿などの王室の施設が多くあるエリアに位置しています。BTSパヤタイ駅からタクシーで約15分、チャオプラヤ川近郊にあり、並木道の美しいラーチャダムヌーン・ノーク通りの突当りに大きな外観が一際目立つ宮殿です。ドゥシット動物園に近...

≫続きを読む

 

ワットプラケオにある宮殿

ワットプラケオの見所といえば、やはりエメラルド仏が安置されている本堂で、多くの人たちが訪れるバンコクのハイライトともいえる観光スポットです。しかしながらワットプラケオの敷地内には複数の宮殿があり、その壮麗な外観はとても見応えがあります。内部に入ることはできませんが、歴代の王が暮らした住居であった場所...

≫続きを読む

 

三島由紀夫の小説の舞台にもなったワットアルン

「暁の寺」の舞台にもなったワットアルン三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台にもなったバンコクの観光スポットのハイライトとして知られているのが、チャオプラヤー川沿いに建つワットアルンです。ワットアルンの魅力といえばさわやかな朝日に照らしだされる光景、またなんといってもその夕景は格別に美しいことで知られてい...

≫続きを読む

 

ラーマ1世によって建立されたワット・スタット

バンコクの寺院の中でも最も大きい寺院の一つとしてしられているワットスタットは、バンコク都庁舎の正面に位置しています。この寺院はラーマ1世によって建立されたもので、1807年に建設が着手され、約27年もの歳月を費やして完成した寺院として知られています。見学時間は朝8時半〜21時までとなっており、入場料...

≫続きを読む

 

バンコクにあるシリラート病院内の博物館

バンコクにある少し風変りな博物館として知られているのが、シリラート病院内の博物館です。場所はバンコクからチャオプラヤー川を渡ったトンブリー地区にあり、プラ・チャーンの船着場から渡し船でワンランまで行き、そこから徒歩ですぐの場所に位置しています。タイの人だけではなく、怖いもの見たさの外国人観光客も多く...

≫続きを読む

 

チャオプラヤ川の西側に広がるトンブリー地区

夜のチャオプラヤ川トンブリー地区とはチャオプラヤ川の西側に広がる地区で、チャクリー王朝がバンコクに遷都する以前の1767年から1782年にかけて、タークシン王による都が置かれていましたエリアです。疫病とビルマの侵攻で廃墟となったアユタヤーに見切りを付けて、チャクリー王朝に先駆けてトンブリー王朝の首都...

≫続きを読む

 

ローカルな雰囲気が漂うタリンチャン水上マーケット

近年バンコクの都市化に伴い、減りつつある水上マーケットですが、実はバンコクから気軽にアクセスできるマーケットがあります。それがタリンチャン水上マーケットとよばれるマーケットで、ローカル色の強いマーケットとして知られています。このマーケットへはバンコクからバスでアクセスできるので、個人でもアクセスする...

≫続きを読む

 

美しい船がたくさんある王室御座船博物館

王室御座船博物館は、トンブリー地区のシリラート病院の近く、バンコクノーイ運河沿いにある王室専用の船を納めた博物館です。交通アクセスは、アルン・アマリン通りの橋の高架下に小さな看板が出ているので、そこを曲がり民家がたくさん密集している路地を5分ほど歩いていった先にこの博物館は位置しています。この先に博...

≫続きを読む

 

王宮エリアにある豪華な寺院「ワット・ラーチャボピット」

ワット・ラーチャボピットは、1869年のラーマ5世の時代に建立された寺院です。この寺院はとてもマイナーであるにも関わらず、バンコクの寺院の中でも一、二番を競うほどのとても豪華絢爛なお寺となっており、まさに穴場な観光スポットとして知られています。他のお寺に比べると人も少なくのんびりと観光を楽しむことが...

≫続きを読む

 

歴代国王の修行の場であった「ワット・ボウォンニウェート」

ワット・ボウォンニウェートは、カオサン通りにある寺院で1826年に建立され、バンコク内に10カ所にある第一級王室寺院の内の一つとされています。バックパッカーたちが利用する安い宿が多く点在するカオサン通りの東端を左折し、約100メートル入った先にあり一際目立つ仏塔がとても印象的です。バンコク市民には欠...

≫続きを読む

 

ワットポーの本堂と回廊

ワットポーの涅槃仏ワットポーは、礼拝堂、本堂、仏塔から構成されており、礼拝堂にはこの寺院のハイライトでもある涅槃仏が眠っています。またそれ以外にも敷地内にはマッサージ学校が併設されており、実際にここで施術を受けることができるとあって人気の観光スポットとなっています。ワットポーは、アユタヤ王朝末期のプ...

≫続きを読む

 

王宮エリアの観光の注意点とは

王宮エリアバンコクの王宮エリアは、メジャーな観光スポットとして知られており、多くの観光客が訪れるエリアです。その分観光客を狙った詐欺まがいのトラブルも多く発生しています。そのため事前によくあるトラブルのケースを知っておくことはとても重要です。今回は王宮エリアの観光をより楽しむための注意点やその手口に...

≫続きを読む

 

王宮エリアへのアクセス

ワットプラケオバンコクの王宮エリアは、たくさんの観光スポットが集中しているエリアで、ワットプラケオ、ワットポー、ワットアルンの3大寺院はもちろんのこと、煌びやかに輝く寺院はその他にもたくさんあります。また少し王宮エリアから足を延ばすと、カオサン通りと呼ばれるバックパッカーが集まる安い宿が密集するエリ...

≫続きを読む

 

バンコクの新旧を感じられるチャルンクルン通り(Charoen Krung roa...

チャルンクルン通りは、運河が主要な交通路だった水の都バンコクで、「馬車で走れる道路が欲しい」という外国人の要望に応じて、ラーマ4世が建立したバンコク最初の舗装道路です。1861年から3年の歳月をかけて作られ、この「チャルンクルン」とは、ラーマ4世が命名したもので繁栄を意味しています。建設当時の道路の...

≫続きを読む

 

バンコクのインド街・パフラット市場

バンコクには様々な市場がありますが、中でもローカル色が強く、観光客にはあまり知られていない市場にパフラット市場があります。チャイナタウンに近いことから、合わせて観光を楽しむのにもお勧めのスポットです。パフラット市場はバンコクの中のインドを感じられるスポットであり、タイとは異なるエキゾチックなムードに...

≫続きを読む