バンコクの旅をもっと楽しむために

タイのグルメ記事一覧

アレンジが豊富にできる楽しさが人気!タイヌードルの特徴とは

フードコートでもお馴染みのタイのヌードルタイのヌードルは、必ずといっていいほどに屋台やレストランで見かけるメジャーな食べ物として知られています。屋台では50バーツ(150円)前後で食べられることも多く、そのバリエーションも豊富にあります。タイのヌードルと日本のヌードルと異なる点といえば、自分で好きな...

≫続きを読む

 

タイ春巻きのおいしい秘訣

バンコクのレストランで必ず見かけるものといえば、タイ風春巻きです。いわゆる日本でいうところも生春巻きにあたるもので、タイではポピュラーに食べられている料理です。タイではこれを「ポピアソット」とよばれ、ヘルシーな味わいが女性から人気となっています。春巻きといっても皮を揚げたものではなく、ライスペーパー...

≫続きを読む

 

マンゴー好きにおすすめのスイーツ店「マンゴタンゴ」

タイの有名なフルーツといえばマンゴーが知られていますが、そのマンゴーを満喫できる今バンコクで話題のスイーツショップとして知られているのが「マンゴタンゴ」です。マンゴーが豊富に獲れるタイならではのリーズナブルな価格と、フレッシュなマンゴーが話題を集めています。マンゴタンゴは日本にも上陸をしていますが、...

≫続きを読む

 

バンコクの屋台でグルメを楽しむための注意点

バンコクの屋台が並ぶマーケットバンコクの街を歩けば必ずといってよいほどに見かける屋台は、バンコクの人にとっては欠かせない胃袋を支える台所です。屋台は駅周辺、メインストリート、路地裏、観光地周辺などに朝早くから夜遅くまで営業しています。地元バンコクの人たちが住んでいるリーズナブルなアパートにはキッチン...

≫続きを読む

 

バンコクの屋台で揚げ物を食べよう!

バンコクのたくさんの屋台バンコクの屋台ではよく揚げ物を見かけます。バンコクでは共働き世帯も多く、テイクアウトをしてさっと食べられる揚げ物は、地元バンコクの人にとっても、とても馴染み深いグルメでもあるのです。ただしタイの屋台では、その食文化の違いから見た目では、何を揚げているのかが想像つかないものもあ...

≫続きを読む

 

タイの空芯菜「パッ・パッブン」

タイの定番料理「パッ・パッブン」バンコクの屋台の定番といえば、「パッ・パッブン」とよばれる「タイ風空芯菜炒め」です。またタイでは「パッブンファイデーン」ともよばれており、「パッブン」は空芯菜、「ファイデーン」とは「炎」を意味しています。つまりアツアツに熱した中華鍋に、空芯菜をたっぷり入れて、油で炒め...

≫続きを読む

 

タイのメジャーな調味料「ナンプラー」

タイの調味料のナンプラータイ料理の調味料に欠かせないものといえば「ナンプラー」が知られています。タイのスーパーやコンビニエンスストアでは必ず見かける調味料であり、値段も30〜50バーツ(90円〜150円)で購入することができます。名前の由来はタイ語で「ナーム」は水、「プラー」は魚を意味しています。ア...

≫続きを読む

 

日本人からも人気のタイ風焼きそば「パッタイ」

パッタイの麺タイのレストランや屋台で必ずみかけるタイ風焼きそばといえば、「パッタイ」が知られています。パッタイに使われる麺には「センレク」とよばれる麺が使われるのがその特徴であり、米粉で作られています。幅広い太めの麺でもちもちとした食感がおいしさの秘訣といえます。タイ語で「パッ」は「炒める」、「タイ...

≫続きを読む

 

タイ米のおいしい秘訣

タイでレストランに行くと、もちろんよく見かけるのは日本とは異なる「タイ米」です。タイ米の特徴は日本のお米と比べると細長く、粘り気が少なくパラパラとしているのがその特徴です。タイではこのパラパラとしている感覚が好まれており、チャーハンなどにも多く使われています。そのため料理の初心者であっても、日本米と...

≫続きを読む

 

屋台でお馴染みの串揚げとソイ・ポロ・フライドチキン

串揚げの屋台バンコクの屋台ではリーズナブルな串揚げを販売していることをよくみかけます。タイの人も揚げ物は大好きなグルメであり、日持ちがする上、その場ですぐに食べやすいこともその魅力の一つといえます。バンコクの屋台は、その場で好みの串揚げを購入して揚げてくれる屋台と、既に揚げられているものが販売されて...

≫続きを読む

 

チャトゥチャックウィークエンドマーケットの名物「パエリア」

バンコク最大の週末限定の市場といえば「チャトゥチャックウィークエンドマーケット」が知られており、地元タイでは通称「J.J Market」とも呼ばれて親しまれています。最寄り駅はカンぺンペット駅もしくはBTSモーチット駅から徒歩5分の場所にあります。朝8時くらいから夕方18時くらいまで開催されているマ...

≫続きを読む

 

日本食がブームのバンコク

日本のお店も多いバンコクのデパートタイでは2000年ころから空前の日本食ブームとなり、今でもその人気が変わらずに急成長を遂げつつあります。このブームの背景には油を多く使うタイ料理よりも、ヘルシーな日本の和食は身体によいという思考がタイの人たちの中にも次第に浸透していくようになり、健康志向が高まったこ...

≫続きを読む

 

タイの卵料理

タイでグルメを楽しんでいると、卵料理は形を変えて様々なメニューに登場してきます。タイ人も卵は好物の一つであり、観光客やビジネスマンが利用する多くのホテルでは、シェフがその場で出来立てのオムレツを作ってくれるコーナーを設けているところも多くあります。卵はタイ語で「カイ」とよばれており、オムレツにしたり...

≫続きを読む

 

バンコクの屋台で販売されているフルーツ

タイの屋台を散策していると、日本ではなかなか見かけることのないようなフルーツをたくさん見かけます。リーズナブルな値段で量り売りで販売されている光景は、まさに南国タイならではの魅力であり、フルーツの独特の匂いもまた屋台の醍醐味といえます。タイではフルーツは1キロあたり15〜30バーツ(45円〜90円)...

≫続きを読む

 

タイ料理には欠かせないエビ

タイ料理に欠かせない調味料として知られているのはナンプラーですが、それと同様に旨みを出す食材として知られているのが「エビ」です。タイ人にとってかつては淡水エビが広く親しまれており、川、運河、貯水池などに生息していたエビを食べていました。今では海エビも多く食べられるようになり、養殖も盛んに行われるよう...

≫続きを読む

 

タイの屋台でチキンを食べよう

鶏肉を販売しているタイの屋台タイの人たちはあまり牛肉を食べる習慣がないことから、タイの屋台では鶏肉や豚肉をよく見かけます。鶏肉はそのまま鶏一羽ごと豪快に販売されているものも多く、日本ではなかなか見ることができないダイナミックな光景ですが、これもまさにタイらしさを感じることができる光景です。また屋台を...

≫続きを読む

 

タイ料理によく使われるナッツ

ナッツが入ったタイ風焼きそばのパッタイタイ料理にはよくナッツが使われています。タイのナッツというとスパイシーなものをイメージしがちですが、お料理に使われているのは比較的シンプルなナッツです。タイ風焼きそばのパッタイとよばれる麺や、タイの調味料として知られているナンプラーとの相性もよく、炒めものなどに...

≫続きを読む

 

タイの人気のグルメ「チャーハン」

タイの定番料理として知られているチャーハンは「カーオ・パッ・クン」と呼ばれるもので、「カーオ」は「ご飯」、「パッ」は「炒める」、「クン」は「エビ」を意味しており、これは「エビチャーハン」を意味しています。具には一般的には日本と同じ食材を使っていること多く、ネギ、ニンニク、玉ねぎ、砂糖、塩、パクチー、...

≫続きを読む

 

タイで人気のつみれとすり身の練り物

タイでは市場やスーパーなどでは必ずといってよいほどに、魚介類のすり身が売られており、タイの家庭ではそれを購入して調理するのが一般的です。屋台では豚肉をすり身にして、まるで日本の焼き鳥のようにそのまま串刺して食べられる状態では販売されているものも多く見かけます。タイではこのようなすり身を、タイ風ラーメ...

≫続きを読む

 

タイの調味料「ココナッツミルク」とトムカーガイ

タイ料理にクリーミーな味わいを楽しむために欠かせないものといえば、「ココナッツミルク」が知られています。ココナッツミルクとは成熟したココナッツの種子の内側に、層状に形成される甘い乳状の食材であり、日本でも広く親しまれています。タイ、マレーシア、スリランカなどの東南アジア地方で多く利用されているもので...

≫続きを読む

 

タイカレーの人気の秘訣

タイカレータイカレーは日本でも広く親しまれるようになり、その濃厚な味わいとクリーミーでまろやかな口当たりが、とてもやみつきなるといわれています。タイではこのサラサラとしたタイカレーが広く知られており、レストランなどでは必ず見かける人気のメニューとなっています。タイカレーのこのサラサラとした味わいを、...

≫続きを読む

 

タイで人気急上昇中の餃子

タイで人気の餃子近年タイでは日本食ブームの影響を受けて、餃子を販売しているレストランも増えてきています。日系の餃子の名店もバンコクには増えてきており、お店の定番メニューだけではなく、タイらしい風味の餃子も味わえるので、日本とは一味異なる味わいを楽しむことができます。ただし日系のレストランでは、バンコ...

≫続きを読む

 

タイのおすすめの朝食

タイの朝食の風景タイに滞在すると朝食付きのホテルであれば、各国の料理を味わえることも多く、日本食を朝食としてサービスしてくれるレストランも増えてきています。しかしながら敢えて朝食付きのホテルではなく、街中のグルメを巡ってローカルなタイの朝食を楽しんでみることもお勧めです。地元タイの人が朝食によく楽し...

≫続きを読む

 

世界三大スープの一つ「トム・ヤム・クン」

世界三大スープの一つといわれる「トムヤムクン」トムヤムクンはタイの代表的なスープとして知られており、世界三大スープの一つといわれています。「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、「クン」はエビをさしており、つまりこれはエビ入りトムヤムスープという意味を表しています。エビ以外にも鶏肉、イカ、豚肉、シーフード...

≫続きを読む

 

タイ料理に欠かせないパクチー

タイ料理に欠かせないものといえば、パクチーが知られています。タイ料理の炒めもの、スープ、鍋ものなどに使われているパクチーは、その独特の風味故に好みが分かれるものですが、タイ料理が好きな人であれば欠かせない香草といえるでしょう。苦手な場合はパクチー抜きをリクエストすれば、現地のレストランで応じてくれま...

≫続きを読む

 

豊富な種類があるタイビール

タイに来たらタイビールを楽しむこともその魅力の一つです。スパイシーな味付けの多いタイ料理と常夏の国で楽しむビールは、格別においしく、観光の醍醐味ともいえます。タイの年間の平均気温は30度を超えることから、ビールの激戦の国ともいわれています。ビールはスーパーやコンビニエンスストアなどで購入ができ、メー...

≫続きを読む

 

タイの屋台で楽しむジュースとスイーツ

タイのジュースのお店日本の和菓子同様に、タイには様々な定番のスイーツやジュースがあり、それを楽しむことも観光の楽しみの一つです。屋台で楽しめるジュースやスイーツは、観光客だけではなく、地元タイの人も日常的に利用することから、全体的に値段もとてもリーズナブルなことがその特徴に挙げられます。屋台だけでは...

≫続きを読む

 

バジル炒めご飯「ガパオ」の魅力

バジル炒めご飯「ガパオ」バジル炒めご飯とは、タイを代表するグルメであり、ガパオと肉類をナンプラーとオイスターソースとともに炒め、それをご飯と一緒に食べる料理として知られています。あまり牛肉を食べる文化のないタイにとって、肉類には主に豚の挽肉が使われますが、中には魚介類やキノコなどを用いたものもありま...

≫続きを読む

 

タイ東北部イサーン地方の料理

タイ東北部、標高約200メートルのコラート高原が広がる一帯からメコン川流域にかけてのエリアを「イサーン」と呼びます。ナコーンラチャシーマー県やウボンラーチャターニー県を南イサーン、メコン川を挟んで隣国のラオスと国境を接するウドーンターニー県やナコーンパノム県を北イサーといい、地域によって独特の文化を...

≫続きを読む

 

タイのフードコートの利用法

バンコクのフードコートバンコクの主要なデパートには、上層階や地下にフードコートが入っていることが多く、その食べ比べをしてみることも、旅の醍醐味といえます。タイの人も昼食に利用することが多く、ランチタイムはどこのフードコートも賑わいをみせています。タイの定番料理、トレンドを意識したグルメ、老舗のグルメ...

≫続きを読む

 

バンコクのカフェの楽しみ方

バンコクのカフェカフェメニューバンコクでは近年の経済発展とともに、iインターナショナルなお店も増えつつあり、それはレストランだけではなく、カフェなどにも見られるようになってきています。お洒落なカフェ、ユニークなコンセプトを持ったカフェ、ホテル内にある高級なカフェなど様々です。カフェメニューには定番の...

≫続きを読む

 

タイで楽しむお酒のつまみ

ビールが盛んに飲まれているタイでは、お酒のおつまみを見つけることも旅の楽しみの一つといえます。特にマーケットや屋台であれば、どれにしようかと迷うほどあちらこちらから香ばしい香りが漂ってきて、ついついお酒のおつまみに購入したくなってしまうものがたくさん目に飛び込んできます。今回はそんなタイで楽しめるお...

≫続きを読む

 

バンコクで楽しむパン

旅先でパンを食べると具材などがユニークで、その国の食文化を知ることができ、新しい発見や斬新な味わいを楽しむことができます。バンコクではパンよりもお米を食べることが多い食文化ですが、それでも近年ベーカリーなども増えてきています。特にオフィス街や駅周辺などには、ビジネスマンをターゲットとしたテイクアウト...

≫続きを読む

 

バナナスイーツの専門店・クルアイ・クルアイ

バンコクのサイアムといえば、日本の東京や原宿のような雰囲気のある若者が多く集まるエリアです。そんなサイアムにあるユニークな名称を持つお店として知られているのが、「クルアイ・クルアイ」とよばれるお店です。サイアム駅から徒歩2分の場所にあり、このお店はバナナを使ったスイーツの専門店です。カウンターのみの...

≫続きを読む