バンコクの旅をもっと楽しむために

バンコクのホテルのWifi状況

バンコクのホテル

バンコクのホテル

今や多くのビジネスマンが訪れるバンコクのホテルの大半では、Wifiの設備は整いつつあります。

 

ただしホテルによって無料、有料、また一部のパブリックスペースのみ無料などとサービス面においてはまちまちなので、ホテルの予約をする際はよく確認をするようにしましょう。

 

またパブリックスペースのみ無料となっている場合には、ロビーのみなのか、プールなどの設備も含まれているのかこれも大きく異なります。

 

プールやレストランなども含まれていることは、ネットを楽しみながらゆっくりとした時間を過ごすこともできるメリットも多いので、よく確認をしておく必要があります。

 

また無料となっている場合でも、ホテルによってはあまり電波が安定していないこともあります。

 

なかなかその事情を追及することも難しいことから、どうしてもWifiを利用したい場合には環境が整っている飲食店などを探した方が早い場合もあります。

 

アクセスの仕方はチェックインの際に、部屋番号を入力するだけで利用できる場合や、たとえ同行者がいても一人ずつパスワードが必要な場合もあります。

 

またこちらからリクエストをしないと敢えてWifiについて説明などがない場合もあるので、チェックインの際によく確認をするようにしましょう。

 

また有料の場合の使用料の相場はホテルのランクなどによっても異なりますが、一日につき200〜300バーツ(600円〜900円)となっています。

 

ただし環境が整っている場合であってもうまく接続できないことも稀にあるので、まずは1泊のみ試してみるのもよいでしょう。

バンコクのカフェ、レストラン、ショッピングセンターのWifi状況

バンコクのカフェ

バンコクのカフェ

バンコクでは無料でWifiが利用できるカフェやレストランは確実に増えつつあります。

 

その目印となるのが「Free Wifi」の看板です。お店の人にIDとパスワードを確認して、端末に入力をすれば使用可能となります。

 

またショッピングセンターなどではFree Wifiエリアを設けているところも増えてきているので、ショッピングの合間などに調べものをしたいときなどにはとても便利です。

 

 

ただ無料で利用できるWifiはややスピードがゆっくりと感じられることもありますが、バンコクでは無料であっても電波は比較的よい傾向にあるので使い勝手はよいといえるでしょう。

 

またバンコクにも多く出店しているスターバックスですが、バンコクでは今のところ有料のサービスのみとなっています。

 

2011年からスタートした「Free Public Wifi」

またタイでは2011年12月から「Free Public Wifi」というサービスを促進しています。

 

これはたタイの約2万カ所に及ぶバスターミナル、駅、病院、警察などのパブリックスペースに加えて、観光地などにも無料のWifiアクセスポイントを増やすサービスのことをさします。

 

年々次第にサービスの拡大が進んできており、タイのWifi 環境は飛躍的に改善されつつあります。

 

このサービスが提供されている場所には「Free Public Wifi」のロゴが目印となっています。

 

サービスを利用するためには名前、パスポート情報、住所、電話番号、メールアドレスを登録すれば、外国人観光客でも利用が可能となります。

 

ただしこのサービスはどちらかといえば、まだ観光客が多く訪れる場所には少ない傾向にありますが、これから拡大していくことが期待されています。

スワンナプーム国際空港のWifi状況

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港

バンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港では、無料Wifi アクセススポットがあり、出国審査を過ぎたインフォメーションセンターでIDとPasswordをもらって利用できる仕組みとなっています。

 

そのため空港の全域で使えるものではなく、エリアは限定されたものとなります。

 

また使用できる時間は15分と限られています。また長時間利用した場合には、有料で利用できるWifiサービスがあります。

 

出発階の「WLAN Net」とよばれるカウンターがあるので、そこで手続きができる仕組みとなっています。