バンコクの旅をもっと楽しむために

渋滞の激しいバンコク

交通量の多いバンコクの街並み

交通量の多いバンコクの街並み

車の中から見たバンコクの交通状況

車の中から見たバンコクの交通状況

バンコクでは電車以外のバス、メータータクシー、トゥクトゥク、路線バスなどは観光に欠かせない手段であり、観光に訪れたら必ずといってよいほどに利用する交通手段でもあります。

 

しかしながら日本の感覚とは少し異なる交通マナーに少しの恐怖を覚えることもあるでしょう。

 

バンコクは世界で指折りに数えられるほどの渋滞の激しい都市として知られています。

 

混雑が激しすぎるあまり歩いた方が早いこともあり、ドライバーたちのフラストレーションも溜まり易い背景がそこにはあるといえます。

 

つまりこれらの移動手段を利用するときには、可能な限りシートベルトを締めたり、荷物はできるだけまとめておくようにする旅行者の備えもまた重要であるといえるでしょう。

日本とは異なるバンコクの交通マナー

バンコクの激しい渋滞

バンコクの激しい渋滞

タクシーやバスに乗っていると、ドライバーのやや悪い交通マナーがとてもよく分かります。

 

まずはスピードです。たとえお客さん乗っていてもかなりのスピードを出したり、抜かしたりすることは日常茶飯事となっています。

 

また急停車や急ブレーキなども多いので、よく注意するようにしましょう。

 

また右折や左折の場面においては、後ろの車に抜かされてしまうことや、ウインカーを出していない車が平然と横切っていったり、横入りなどもよくあります。

 

また車線さえも守らないケースもあります。2車線を1つの車が占領していたり、車線変更をバスが一気に斜めにバス停に向かって3車線ほど移動したりするケースもあります。

 

特にバスやタクシーのドライバーほど、マナーがやや悪い傾向にあります。

日本とは事情が異なるバンコクの歩道

バンコクの横断歩道において信号は赤と青の2種類となっていますが、日本とは異なるのがその時間です。

 

日本よりも時間が短い傾向にあり、大人の足でも早々と歩かないと赤になってしまうことも多々あります。

 

また横断歩道もなく、歩道橋もない交差点もあり、その場合はかなり迂回をしなければならないこともあります。

 

地元タイの人は交通量の多い中を横切る人もよくみかけますが、危険なので真似は禁物です。

 

また歩道を歩いていると、日本と比べて道がボコボコとしていることもよくあります。

 

サンダルなどでは危険と思われる場所も多く、雨上がりなどには陥没している道路に汚水が溜まっていることもよくあるので、足元をきちんとみながら歩くこともとても大切です。

 

ただしバンコクでは、歩道であっても安全と言い切れないことがあります。

 

本来禁止されているバイクなどが、渋滞を避けるために歩道を走っていることや、歩道に隣接されているバス停にバスが急停車してくることも多々があります。

 

ただしバンコクではあまり自転車などを利用する人が少ないため、そのような意味においては安心できますが、歩道であってもよく注意をして歩くようにしましょう。

バンコクらしい交通スタイル

時折渋滞に巻き込まれると、車体を拭いてくれたりする人や、花などを販売してくる人もいます。

 

渋滞にはまっている車を狙ってくるので、中にはややしつこい人もいます。

 

もちろん無料ではなくチップを要求してくるので、必要がない場合には故意に窓を開けたりしないようにしましょう。

 

また時折飲酒運転のチェックをしていることもあります。

 

法律で厳しく罰せられるため、もちろんタクシーやバスの運転手であってもそのような人はほぼいません。

 

飲酒運転のチェックの仕方もどこかタイらしいスタイルで、車の中に窓から懐中電灯で照らしてアルコール類を持っていないかをチェックしていることもよくあります。

 

日本とは異なるなんともおおざっぱなスタイルですが、これもタイらしい交通取り締まりといえるでしょう。