バンコクの旅をもっと楽しむために

英語は基本的に通じる観光立国としてのタイ

英語も通じるバンコクのマーケット

英語も通じるバンコクのマーケット

バンコクは観光立国として知られるタイの大都市として知られています。

 

海外からの観光客も多いことから、英語が通じやすい都市であることも魅力の一つです。

 

逆にいえば、英語ができないと観光の商売が成り立たない背景もあることから、特に屋台などの商売をしている人、マッサージ店、お土産ショップ、大型ショッピングセンター、レストラン、ホテルなどでは英語が比較的通じやすいといえます。

 

特にバンコクでは次々にショッピングセンターが出来ており、インフォメーションセンターのスタッフは英語が話せることはもちろんのこと、館内の地図や冊子には英語だけではなく日本語に対応しているものが用意されていることもあります。

 

ただしタイ人にとっては、英語はもちろん母国語ではないことからややある程度の訛りはやむを得ず、正確な英語を話しても通じないこともあります。

 

そのような場合には少し言い回しを変えてみたり、紙などに単語を書いてコミニュケーションを取るようにすれば、さほど問題なく通じることができるでしょう。

 

英語があまり通じない場面とは

英語が通じやすいバンコクとはいえ、あまり通じないのがタクシーや路面バスです。

 

ただし基本的には高度なコミニュケーションは必要としておらず、基本的にはアクセスできる目的地が明確に分かればよいことから、このような公共交通機関を利用する際には、ガイドブックなどを持っていると便利です。

 

タクシーの運転手には行きたい場所を指せば、さほど問題は要りません。

 

また英語の名称が一般化しているバンコクのホテルへは、英語の発音で通じないときやロケーションをうまく伝えられないときに備えて、ガイドブックを持ち歩くこともおすすめです。

 

ただし重いガイドブックを持ち歩きたくない場合には、ホテルに到着をしたらホテルの名刺をピックアップして、滞在中持ち歩くようにしておくのもおすすめです。

バンコクのレストランの言語事情

またバンコクのレストランでは、ほとんどの場所で英語のメニューが用意されています。

 

英語のメニュー加えて写真付きで紹介されていることも多いので、言語に困ることはほとんどないでしょう。

 

また全世界に展開されているようなチェーン店や、日本のガイドブックなどによく紹介されているレストランであれば、日本語のメニューも用意されていることもあります。

 

ただしスタッフが日本人客であることが分からない限り持ってきてくれないこともあるので、必要に応じて日本語のメニューの有無を聞いてみてくれるとよいでしょう。

バンコクのホテルの言語事情

日本語にも対応しているバンコクのホテル

日本語にも対応しているバンコクのホテル

またバンコクのホテルや安宿などでも、必ずといっていいほどに英語は通じます。

 

また4つ星ホテルクラス以上であれば、日本語のスタッフもしくは日本語が話せる現地人が1〜2人いることもあります。

 

言語に不安がある場合には、ホテルをチョイスする際には、日本語を話せるスタッフが常駐なのか、もしくは特定の時間帯だけなどの限定されているものなのか、よく確認をしてから予約をするのもよいでしょう。

 

また日本語が話せるスタッフは、宿泊客から目立つように、日の丸のバッジなどを付けていたり、日本語専用のデスクなどが別に設けられていることもあります。

 

基本的には日本人が多く利用するホテルに、日本語が話せるスタッフが多いことは周知の事実なので、館内のサービスも日本語に対応していることが多いです。

 

またそのようなホテルには、日本語の新聞などのサービスや朝食ビュッフェに日本食などが取り入れてられていることも多くあります。

 

ただし言語に困らない分、日本人に多く遭遇する可能性が高いので、やや海外に来ているという実感に欠ける面もあるといえるでしょう。