バンコクの旅をもっと楽しむために

渋滞の激しいバンコクとバイク事情

バンコクではよく見かけるバイク

バンコクではよく見かけるバイク

渋滞の激しいバンコクでは車よりもリーズナブルなバイクは、主流な乗り物として知られています。

 

タイではバイクは立派な自家用車のように扱われており、ローンを組めば車よりも手に入れやすい価格であることから人気が高い乗り物といわれています。

 

家族で移動する際には1台のオートバイに3人や4人乗りが当たり前といわれており、日本では到底考えられないような小さな子どもを抱えて乗っている光景もよく目にします。

 

タイで利用されているバイクの特徴

バンコクで見かけるバイクの大きさは125t以下のバイクが主流となっています。

 

これは150tを超えた場合には、税金が高くなることや渋滞の激しいバンコクの街を走行する際には、大きいとかえって走りにくいなどの事情があります。

 

またバンコクで見かけるバイクのほぼ100%は日本のメーカーのものとなっており、「HONDA」「YAMAHA」「SUZUKI」「KAWASAKI」がタイで生産を行っていることから、街中を走行しているバイクをよく見かけます。

 

圧倒的に日本のメーカーがバイクのシェアを占めていますが。タイには「Tiger」とよばれる国営のメーカーもあり、こちらもタイでは人気があります。

 

しかし日本のメーカーであっても、日本とは全く異なるモデルを販売しているので、新しい発見もあり見ているだけでもとても楽しいものです。

 

バンコクで見かけるバイクの特徴はタンクにあります。

 

タンクはシートの下にあるタイプかヨーロピアンスタイルのバイクが主流となっており、アメリカスタイルのバイクは少ない傾向にあります。

日本とは異なるバンコクのバイク事情

バンコクでは以前はヘルメット無しの走行も認められていましたが、今では法律で禁止されています。

 

しかしながら今でもヘルメットを着用していないドライバーも多く、徹底的に取り締まりを強化しているとはいえない背景もあるといわれています。

 

またマナーの悪いドライバーの場合、バイクは時に歩道をすり抜けていくことも多々あり、歩道が安全と思い込んでいると猛スピードで駆け抜けていくバイクも時にはいるので、よく注意するようにしましょう。

 

またバスやタクシーの乗車の乗り降りの場合にも、容赦なくバイクが横を通過していくこともあるので日本よりも注意が必要です。

 

またタイでは販売されているヘルメットとは、あまり性能に優れているといえずすぐに壊れてしまいそうな素材で作られているものも多く見かけます。

 

タイでバイクをレンタルしたり、特にはバイクタクシーを利用したいと思っている方にはできるだけ、日本から持っていくようにするのがおすすめです。

 

バイクタクシー事情

またモータサイとよばれるバイクタクシーもバンコクでは、一般的に利用されている交通手段として知られています。

 

ドライバーはオレンジ色のゼッケンを身に付けており、街中にも乗り場をいくつか見かけます。

 

しかしながらバイクタクシーは観光客にはあまりおすすめできない交通手段ともいえます。

 

ヘルメットがないというドライバーや、スピードをものすごく出すドライバーも多く、またタイの道路は大きな道路であっても、でこぼこ道も多くかなり揺れることもあり、旅行者にとってはときにはかなり恐怖ともいえることも多々あります。

 

 

それでも一度はバンコクらしい乗り物に乗ってみたいと思っている場合には、料金は基本的には事前の交渉性となっているため、よく値段を確認してから利用することがとても大切といえるでしょう。

 

値段は近場であればメータータクシーより安く、少し遠めならメータータクシーより高い傾向にあります。

 

隣の駅はすぐ先の場所であれば10〜20バーツ(30円〜60円)で利用でき、どうしてもやむを得ず急がなければならない事情があるときには、おすすめの手段といえるでしょう。