バンコクの旅をもっと楽しむために

パッケージツアーと個人手配

バンコク旅行の玄関口・スワンナプーム国際空港

バンコク旅行の玄関口・スワンナプーム国際空港

バンコクへの旅行には少しでも金額を抑えたいと思っている方も多いことでしょう。

 

今回はパッケージツアーと飛行機とホテルを個人手配した場合を比較し、どちらがお得に旅をすることができるのか、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

パッケージツアーを利用する方法

バンコクのホテル

バンコクのホテル

バンコクへのパッケージツアーは、時期や滞在日数、ホテルなどにもよりますが、その相場リーズナブルなものであれば、3泊4日で5万円前後から予約ができます。

 

航空券とホテルを別々に手配するよりも値段が安いことも多く、旅行会社を介すので個人手配に不安な場合にもパッケージツアーはとてもお勧めの方法といえます。

 

パッケージツアーでは、現地ガイトが空港で出迎えてくれ、バンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港からホテルまでの往復の送迎などのしっかりとサポートしてくれます。

 

はじめてのバンコクの旅行であれば、パッケージツアーを利用することはとても安心できます。

 

しかしながらリーズナブルなパッケージツアーにはそれなりのマイナス点もあります。

 

例えば通常はバンコクへのフライトは直行便を利用することが大半ですが、トランジットがあるものや、日本発の出発時間が遅かったり、帰国便が早朝の出発であるものもあります。

 

そのため安い分滞在時間が少なくなってしまうこともあるので、よく検討する必要があります。

 

またバンコクの中心部のホテルは、近年の高度成長を受けて高級ホテルが次々に誕生しつつあります。

 

そのため比較的安いパッケージツアーの場合は、やや交通の便が悪かったり、最寄り駅からはタクシーではアクセスできないなどのデメリットもあるので、よく場所を確認しておく必要があります。

個人手配を利用する方法

バンコクへのフライト

バンコクへのフライト

航空券とホテルを別々に予約をすると、料金が高いと思われがちですが、個人に手配するメリットもあります。

 

パッケージツアーで利用するバンコクのホテルは、基本的にはある程度限られており、日本人が多かったり、オーソドックスなホテルが多い傾向にあります。

 

そのため可愛らしいブティックホテルやデザイナーズホテルなどの、個性的なホテルはパッケージツアーには組み込まれていないことが多い傾向にあります。

 

またパッケージツアーによく利用されるホテルは日本人が多いことから、言語やサービス面に不自由しない反面、海外に旅をしているという実感が持ちにくいマイナス点もあります。

 

個人手配をすることでホテルの選択肢の幅が広がり、まさに自分好みの旅をプランニングすることができます。

 

また個人手配するメリットの一つに、お盆、ゴールデンウィーク、年末年始などのピーク期には、パッケージツアーを利用するよりも個人手配をした方が安くなる傾向にあります。

 

これは意外と知られていない方法ですが、同じ飛行機とホテルを利用した場合でパッケージツアーと個人手配を比べると、個人手配の方が数万円ほど安くなることもあります。

 

ただし個人手配のデメリットとは、旅行中のトラブルは基本的に自分自身で解決をしなければならない点にあります。

 

ホテルのオーバーブッキングや飛行機の欠航などは、全て現地で交渉しなければならないため、語学力なども要求されます。

 

パッケージツアーの場合は、現地ガイドがサポートしてくれたり、旅行会社によっては24時間緊急連絡先があるところもあるので、思わぬトラブルなどが起きたときにも安心できるメリットがあるといえます。