バンコクの旅をもっと楽しむために

タイへの入国に必要なパスポート情報

タイのスワンナプーム国際空港

タイのスワンナプーム国際空港

タイへの入国は観光目的で入国し、日本人が入国後30日以内の滞在であれば、基本的にビザは不要です。

 

ただし日本へ帰国する航空券、もしくはタイから第3国へ出国する航空券が予約済みであることが条件となっています。

 

到着の空港での入国審査の際に、30日の滞在許可が貰うことができます。

 

また観光が目的である場合でも、片道航空券での入国や30日以上滞在する場合は原則としてビザが必要とされています。

 

なお、パスポートの有効期限については、タイ入国時に残存期間が6ヶ月以上残っていることが入国の条件になります。

 

ただし実際には、6ヶ月を切っているパスポートでも、有効期限までに出国することを条件に入国を許可してくれる場合もあるようです。

 

そのため基本的にはパスポートは早めに更新をしておくことが望ましいといえます。

 

陸路でのビザなしでの入国は、15日以内の滞在が許可されています。

 

出入国を繰り返した場合であっても滞在可能な日数の制限は設けられていません。

ビザが必要な場合

タイに30日間以上滞在をする場合、もしくは陸路での入国で15日以上の連続滞在を予定している場合には、旅行の出発前に在日タイ大使館、もしくは領事館で観光ビザを申請して、取得しておく手続きが必要となります。

 

観光ビザの種類は主に3つのタイプがあります。

 

1回だけ入国できるシングルタイプは、有効期限3ヶ月の間に1回入国し60日以内の滞在が可能です。

 

ただし滞在日数が60日以内でも、1回でも出国をすればビザは無効となります。

 

2回入国できるダブルタイプは、有効期限6ヶ月の間に2回入国でき、1回の入国につき60日以内の滞在が可能です。

 

またビザの有効期限は滞在有効期限ではなく入国期限であり、ビザに表示されている入国期限日までに入国すれば、所定の日数の滞在が許可されます。

 

尚、ダブルタイプのビザは、入国期限ぎりぎりに入国すると、2回目のビザは期限切れとなってしまうので、注意が必要です。

周辺諸国への観光

タイは陸続きであることから、近隣諸国との観光を合わせてプランを検討しやすいエリアともいえます。

 

そのため周辺国へ足を延ばす人は、その国の入国もしくはビザ、未使用査証欄などの詳細についても確認をしておく必要があります。

 

尚、マレーシアは入国時6ヶ月以上、未使用査証欄2ページ以上、ラオスは入国時6ヶ月以上、カンボジアは入国時6ヶ月以上、未使用査証欄1ページ以上、ミャンマーは入国時6ヶ月以上、未使用査証欄2ページ以上が必要となっています。

タイで滞在日数を伸ばしたくなった場合

近隣へは電車での移動も可能

近隣へは列車での移動も可能

タイへの旅行を計画するときには、30日以内の滞在であれば、ビザなしでタイに入国することができます。

 

しかしもっと長くタイに滞在をしたくなったとき、日本に一度帰って観光ビザを取得できる費用や時間がないという時には、タイの近隣諸国にあるタイ大使館や領事館で観光ビザを取得するという方法があります。

 

日本へ帰る航空券代などを考えれば、費用も安くすみ、時間も短縮できます。

 

タイから比較的アクセスがしやすいラオスのビィエンチャン、マレーシアのペナン島、シンガポール、カンボジアのプノンペンにあるタイ大使館や領事館を利用することもお勧めです。

 

これらの近隣諸国は長距離バス、長距離列車で移動することができたり、現地の格安航空券などを購入すれば、安い費用で航空券を手に入れることもできます。

 

その場ですぐにビザを発給してくれるところもあり、交通費と手続きにかかる費用を合わせて10,000〜15,000バーツ(30,000円〜45,000円)ほどとなっています。

 

日本に帰る交通費などを考えれば断然安く、かつ観光も兼ねて大使館に訪れれば、さほど負担も少ないといえるでしょう。