バンコクの旅をもっと楽しむために

仏教国タイならではの習慣

仏教国タイでは、様々なマナーや習慣があります。特に王室や仏教に関わるマナーや習慣が多いので、あらかじめそれを知っておくこともタイの滞在を快適に過ごすことのポイントの一つです。

 

特に日本では当たり前の習慣が、タイでは失礼に当たることも少なくはありません。

 

今回はそんなタイ式のマナーや習慣についてご紹介していきます。

王室に敬愛の念を抱いているタイ国民

空港にある王室のモニュメント

空港にある王室のモニュメント

タイの人は王室に対してとても深い敬愛の念を持っています。

 

空港、レストラン、ホテル、ショッピングスポットなどには、それを象徴するようなモニュメント、写真、絵画などがたくさん飾られています。

 

そのため王室への批判などを口にあることはタブーとされており、よく注意することが必要です。

 

王室を侮辱するような行為は、法律で厳しく罰せられます。

神聖な場所とされている寺院

熱心の祈りを捧げるタイの人々

熱心の祈りを捧げるタイの人々

タイの観光ではたくさんの寺院を巡ることも醍醐味ですが、寺院はタイの人にとってとても神聖な場所とされています。

 

そのため服装には注意が必要となります。

 

肌の露出の激しい服装や短パンなどはNGとされています。

 

寺院によっては羽織ものをレンタルしてくれることもありますが、基本的には有料となっています。

 

また僧侶に対して指を指したりすることも禁じされています。

 

また特に女性が僧侶に気軽に話しかけたり、身体に触れることは禁止されています。

 

これは修行の妨げとなってしまうからと考えられているためです。

 

また仏像が安置されているタイの一般家庭や礼拝堂などに立ち入る際には、帽子と靴を脱ぐこともマナーとなっています。

身体にも神聖な場所があるタイの文化

またタイには身体に部位においても、神聖である場所と考えられているものがいくつかあります。

 

その一つが頭とされています。

 

頭は身体の中でももっとも高い場所にあることから、精霊が宿る場所と考えられており、頭に触れることは不浄なことと考えられています。

 

そのため小さな子どもに対して頭を撫でることもタブーとされています。

 

また足の裏は身体の中でもっとも不浄な場所と考えられています。

 

他人に対して足の裏を向けたり、足で物を指すことは、非常に無礼なことになります。

 

左手は不浄の手とされていて、食べ物を口に運んだり大切なものを扱うときには必ず右手を使う習慣があります。

 

人に物を渡したり、握手するときにも右手を使うように心掛けるようにしましょう。

食事をする際のマナー

バンコクのレストラン

バンコクのレストラン

また食事の際のマナーには、タイでは麺類の料理も多くありますが、ずるずると音を立てて食べることもマナー違反とされています。

 

タイでは近年のブームによりラーメン店も増えてきていますが、注意が必要です。

 

タイでは食事をするときには身分の上の人や目上の人がお支払いをすることが一般的とされています。

 

そのためタイの人にとって、日本人はお金持ちのイメージがあり、現地の人と一緒に食事をすると、日本人が支払うことが当然と考えられていることが多いです。

 

またごはんを食べる際も目上の人がまずお箸を付けてから食べる習慣があります。

「ワイ」とよばれるタイ式の礼儀作法

またタイ人のあいさつといえば「ワイ」とよばれるものが広くしたしまれています。

 

タイの人々は挨拶をするときには一般的に握手はせず、掌を合わせて「ワイ」とよばれる合掌をする習慣があります。

 

目下の人から目上の人にワイし、年上の人が返す習慣があります。

 

これはタイのあいさつの礼儀作法に当たるもので、挨拶、感謝、陳謝、別れなどの際にするマナーです。

 

尚、タイのマクドナルドでは、入り口に「ワイ」をしたドナルドが立っており、まさにタイらしい光景を目にすることができます。