バンコクの旅をもっと楽しむために

亜熱帯気候の特徴を持つタイの気候

タイは熱帯に位置しており、年間を通して気温が高いことがその特徴です。

 

南部のマレー半島、北部の山岳地帯、東北部の高原地帯と3つに分かれていますが、基本的にはどのエリアでも夏服でOKです。

 

 

南部のマレー半島を除いて、タイの国土の大半は熱帯モンスーン気候になります。

 

タイ全土で通年を通して最高気温は30〜35度、最低気温はバンコクで24〜27度、チェンマイで14〜24度となっています。

 

湿度は70〜80%となっており、ムシムシとした暑さがその特徴です。

3つの季節があるタイの気候

タイのクリスマスシーズン

タイのクリスマスシーズン

年間を通して非常に暑いタイですが、季節は雨季、乾季、暑季の3つに区部されています。

 

5月中旬から10月中旬が雨季になります。

 

日本の梅雨のように一日中降り続くことはあまりなく、スコールのように一時的に降っては数時間止むということの繰り返しになります。

 

雨季のスコールは豪雨のようなすさまじい音を立てて降り注ぐことも多く、道路が冠水してしまうことも少なくはありません。

 

雨季の終わりが近づいてくると、連日大雨が降り注ぐことも珍しくなく、洪水が発生するのもこの雨季の終わりの時期となっています。

 

タイの人はスコールが来ると、お店を畳んでしまったり、営業を中止してしまったりと、まさにタイらしくマイペースに過ごす人が多く身受けられます。

 

そして10月中旬〜2月中旬にかけてが乾季となります。

 

タイの旅行にはもっとも適したシーズンとなり、旅費もそれに伴い高くなる傾向にあります。

 

このシーズンは空気は乾燥していて晴天が続き、雨もほとんど降りません。

 

年末やクリスマスのシーズンの朝晩はやや肌寒く感じされることも多くなります。

 

クリスマスや年末年始には、日本とは異なる雰囲気のお祝いムードを楽しむことができるので、寒い冬の日本とは真逆の季節を楽しめるので、旅行にも最適です。

 

2月中旬〜5月中旬にかけては、気温が次第に上昇していき夏季となります。

 

昼間と夜気温の変化はほとんどなく、一日中蒸し暑さが続きます。

 

東北部では雨を呼びこむのためのお祭り・ロケット祭りも各地で開催されます。

 

タイの気候ならではのお勧めの持ち物

冷房が効いているスワンナプーム国際空港

冷房が効いているスワンナプーム国際空港

タイの炎天下に広がる市場

タイの炎天下に広がる市場

タイの気候はエリアによって多少の差こそはあるものの、年間を通して暑い気候がその特徴です。

 

服装は基本的に、日本の夏のような服装で過ごすことができますが、季節によっては朝と夜の寒暖の差があるので、一枚羽織りものを持っていると便利といえるでしょう。

 

タイではその暑さ故に、レストラン、ホテル、ショッピングセンターなどではかなり冷房が強く効いているところがあるので、そのようなシーンでも羽織ものは活用できます。

 

またタイの暑さはムシムシとした暑さがその特徴であるので、日本で過ごすよりも暑さ対策と日焼け対策は必須となっています。

 

帽子、日焼け止めクリーム、サングラスなどはタイのリゾート地以外を訪れる場合であっても必須アイテムとなっています。

 

またバンコクの都会的な観光スポットしか、訪れる予定のない場合であっても、スニーカーは必至アイテムとなっています。

 

突然のスコールなどで、街の中に巨大な水たまりができているところも多く見受けられます。

 

またバンコクでは水上交通が発達していることから、観光の移動手段に船を利用することも多く、船着場などは水で汚れていることも少なくはありません。

 

靴が汚れてしまうことも多いので、このようなシーンであってもスニーカーは必須があると便利です。

 

また暑いタイにお勧めの持ち物といえば、携帯用の制汗スプレーです。

 

軽量ですぐに取り出して使うことができるので、暑さを少し軽減することができます。

 

これらのご紹介した持ち物は、現地タイでも購入することができます。

 

特に日系のスーパーやデパートなどに足を運べば見つかる可能性も高いので、急に現地で必要となったときでもさほど心配はいりません。