バンコクの旅をもっと楽しむために

5000バーツ以上の購入で対象となるVAT(付加価値税)

タイでショッピングを一定以上の金額楽しんだ際に、空港で申請をすることでお金をお得に還付できる方法があります。

 

その還付できるお金こそが「VAT」とよばれ、「Value-Added Tax」の略称で、日本の消費税にあたるものになります。

 

現在タイでは一定の条件を満たした外国人に、このVAT(付加価値税)の払い戻しを行っており、タイでは国内で販売・提供される物品・サービスにこのVATが7%かけられています。

 

これは消費税が前提のため、外国人観光客がタイの国外で消費する物品を5000バーツ(15,000円)以上購入した際に、タイ出国時にVATの課税分を返金してもらうことができる仕組みとなっています。

VATの還付を受けられる条件

VATの還付を受けるためにはいくつかの条件があります。

 

タイ国籍ではないこと、タイ国内に永住、定住、もしくは年間180日以上滞在していないこと、スワンナプーム(バンコク)、(パタヤ)、クラビ、サムイ、チェンマイ、ハート・ヤイ、プーケットのこれらの国際空港から出国することが条件となっています。

 

またタイの国際航空の乗務員ではないことも申告できる条件となっています。

 

申告できる商品には対象外となっているものがあり、銃や爆発物及び類似品、宝石の原石類、仏像などの規制品は対象外となっています。

 

またホテルの宿泊料やレストランでの飲食代、タイ国内で商品されるサービスに課税される分は還付の対象にならず、商品は購入費より60日以内にタイから出国することに伴い、国外へ持ち出すことが条件となります。

VATの対象となっているショッピングスポット

VATの対象となっているサイアムセンター

VATの対象となっているサイアムセンター

VATの還付を受けることができるのは、購入する場所も重要なポイントとなります。

 

つまりタイでお土産や商品をまとめ買いしたいと思っている人は、このVATの対象となっているショッピングスポットをうまく見つけるようにするとよりお得に楽しむことができます。

 

VATの還付の対象となっているお店には「VAT REFUND FOR TOURIST」の表示があるお店で、同じ日に同じ店で一度に2000バーツ以上(6000円以上)の買い物をして、買い物の合計が5000バーツ(15000円)以上になれば還付の権利が発生します。

 

現在バンコクでその対象となっている主なショッピングスポットは、伊勢丹、東急、セントラルワールド、サイアムパラゴンなどの主要なデパート、またタイシルクの名店として知られているジム・トンプソンなどの有名ブランド店もその対象となっています。

 

ショッピングスポットの場合は、レシートをまとめて一括でVAT払い戻し書類のもらえるカウンターへ行くことになります。

 

ただしデパートであってもレストラン、スパ、マッサージなどは対象外となるので注意が必要となります。

空港での手続き方法

VATの空港の案内表示

VATの空港の案内表示

VATの還付の手続きを受けるためには、商品を購入した際にパスポートを提示すると「VAT還付申請用紙」を作成もらえるので、同時にもらえるVATの請求書と一緒に保管をしておきます。

 

そして出国の際にスムーズに申告ができるように、予め必要事項を記入しておく必要があります。

 

出国する際には、チェックインをする前に「VAT REFUND FOR TOURISTS」のマークのついているところに税関(Custom)に立ち寄って手続きをします。

 

「VAT還付申請用紙」と請求書を提示して税関の職員から検収を受けます。

 

この時の書類と購入品はすぐに出せるように、手持ちのバッグの中に入れておくとよいでしょう。

 

出国手続きを済ませた後、出発ロビーにあるVAT還付窓口(VAT Refund Office)で、「VAT還付申請用紙」を提示して還付金を受け取る仕組みとなっています。

 

希望する還付金の受け取りを記入すれば、税務局指定の箱に投函すれば後日受け取ることもできます。

 

通常空港は出発の2時間ほど前に空港に到着することが条件となっていますが、VATの払い戻しを行う場合には少し余裕をもって、空港には2時間半までには到着できるように心掛けておくとよいでしょう。