バンコクの旅をもっと楽しむために

比較的高度な医療水準を誇るタイの医療

経済発展を続けるタイの医療は、地域や医療施設によって多少の格差こそあるものの、基本的には日本と変わらない高い水準の医療を提供しており、比較的安心して医療を受けることができます。

 

特にバンコクやチェンマイなどの都市部にある公立病院や私立病院は、高い医療の水準を誇っています。

 

これらの医療施設には先進国で高度な医学を学んだ医師が常駐しており、海外の英語をはじめ他の言語にも対応しています。

 

大半の医師が欧米諸国や日本への留学や研修経験を持っています。

 

また交換制度を利用した日本の医学部を卒業した日本語を話せるタイの医師もしくは日本人医師が勤務していることも多く、タイに在住している日本人は、日本の医療と遜色なく高度な治療を受けることができます。

 

病院によっては日本人の専用窓口を設けていることもあり、タイに住む日本人が受診しやすいような環境が整えられています。

 

タイの看護師は全て4年生の大学を卒業することが基本であり、タイでも日本と同様に慢性的な看護師の不足が問題視されているものの、非常に多くの人員を配置しており、きめ細やかなサービスを提供しています。

 

外来や病棟などあらゆる場所に多くの看護婦を配置しているだけではなく、外観や内装まで非常に豪華な造りとなっており、まるでホテルのような環境を提供している病院も多く見受けられます。

 

タイと日本の医療の相違点

ただしタイの医療は地方とはやや格差が見られることが、問題視されています。

 

高度な医療機関はバンコクに集中している傾向にあり、地方では医師や看護師不足など日本と同じような問題が起きています。

 

それにはやはり都市部の病院の方が医師の給与が高い水準にある傾向にあり、これもその格差の原因の一つといえます。

 

特に重篤患者は地方ではそれに対応できないことも多いことから、バンコクに搬送されることも少なくはありません。

 

またタイの医薬品は日本とは変わりなく利用することができますが、含有量などの基準が異なる場合があるので、馴染みのある薬であってもよく確認するようにしましょう。

 

またタイでは有料ですが救急車の搬送も可能となっています。

 

ただしバンコクの慢性的な渋滞によりあまり効率的ではない場合もあるので、自家用の車やバイクなどでかけつけることもバンコク在住であれば珍しくありません。

私立病院と公立病院

日本人が医療機関を受診する際には、私立病院や日本の医学部卒や病院に勤務した経験のある日卒医の医師がいるクリニックなどを利用するのがおすすめです。

 

私立病院の医療費はやや割高ではあるものの、ホテルのような豪華で清潔感のある雰囲気やサービスを提供しています。

 

日本語に対応しており、日本語で診察を受けることが可能となっています。

 

また病院のホームページに日本語のページを設けていることも多く、このような病院は旅行者にとっても比較的安心して利用することができるといえるでしょう。

 

公立病院が旅行者にあまりお勧めできない理由には、タイの厳しい国家予算の中で運営されている背景があります。

 

私立の病院と比べると治療費は安価ではあるものの、多くのタイ人が利用するため、待ち時間も非常に長いことが多く、治療のレベルも私立の方が高い傾向にあります。

 

また公立の病院では医薬品などの利用にも制限があり、日本語にも対応できないことが多い傾向にあります。

 

ただし私立病院では治療費はそれぞれの病院が独自に基準を定めているため、日本と比べて安価とは言えないため、支払い時のトラブルを回避するためにも予めしっかりと料金を確認しておくようにするのがおすすめです。

 

また旅行中に利用する場合には、海外旅行保険などの保険が適用されるのかを確認をしておく必要があるといえるでしょう