バンコクの旅をもっと楽しむために

タイのチップ文化

バンコクのホテル

バンコクのホテル

東南アジアの地域では、欧米の国々と比べるとチップ文化があまりないというイメージがありますが、タイではチップを渡す習慣ある国として知られています。

 

バンコクではチップはやはり働いている人の貴重な収入源であり、特に観光客が多く利用するレストラン、ホテル、スパ施設などではそれを期待されていることも多くあります。

 

ただしチップを渡すべき場合とそうでない場合があるので、よく見極めて適格にチップを渡すようにするとよいでしょう。

 

もちろんチップは「よいサービスを受けた」と思ったときに渡すものであり、不快な思いをしたり、サービスが悪いと感じたときには渡さなくてもよいときもあります。

 

また観光客を相手としているところであれば、無理に高額なチップを要求してくることもあります。

 

中には日本にはチップの文化が根付いていないことにつけこんで、かなりの高額なチップを要求してくるやや悪質と思われるお店もあるので、きちんと判断するようにしましょう。

 

また日本語で「○○円」など片言の言語でチップを要求されることもありますが、鵜呑みにすることなく適切な金額を渡すことを心がけることも大切です。

 

また空港では頼んでもいないのに、荷物を運んでくれたり、空港の荷物受け取り場所で荷物をピックアップをして、高額なチップを強要されることもあるので、一見すると親切に思える人であってもチップが目的の場合にもよく注意するようにしましょう。

 

タイのチップが必要な場面

バンコクのレストラン

バンコクのレストラン

バンコクのトゥクトゥク

バンコクのトゥクトゥク

基本的にレストランではチップは不要であり、屋台やフードコートでも不要となっています。

 

しかしながら高級レストランやホテルのレストランであれば、チップを渡すことはマナーとなっています。

 

レストランによっては予めサービス料が含まれていることもあるので、その場合には基本的にはチップは不要となります。

 

中級以上のレストランでサービス料がないときには10〜15%程度をチップとして渡すか、お釣りとして返ってきた金額をチップとして渡すのもよいでしょう。

 

サービス料が含まれているかいないかはレシートに記載されているので、よく確認をするようにするようにします。

 

レストランのスタッフに直接渡すよりも、テーブルの上に置くか、レシートなどに挟んでおくことも一つのマナーとなっています。

 

ただし特に親切にしてくれたと思うスタッフがいたら、直接渡すのもおすすめです。

 

テーブルの上にチップを置いた場合には担当したスタッフでシェアすることもあるため、サービスのよいスタッフに直接手渡しすることもおすすめです。

 

またホテルでは荷物を運んでくれたベルボーイ、清掃スタッフへの枕銭、ルームサービスなどに20バーツ(60バーツ)前後のチップを手渡しするようにしましょう。

 

その他にも何か親切にしてくれたなと感じてくれたときや、聞いたことに対して丁寧に調べてくれたり、部屋にリクエストしたものを持ってきてくれたときにもチップを渡すことも一つのマナーとなっています。

 

 

タイ式マッサージ店のお店でも、チップを渡すことは一つのマナーとなっています。

 

一般的なお店であれば、1時間あたり50バーツ(150円)程度、2時間あたり100バーツ(300円)前後支払うのがマナーとなっています。

 

マッサージ店では施術をしてくれたスタッフに直接手渡しするようにします。

 

またタクシーではトゥクトゥクなどの交渉性のタクシーの場合には、その時点でチップも含まれているため必要はありません。

 

またメータータクシーも提示されている金額をそのまま渡せば、特にチップは必要ありますが、荷物の運搬を手伝ってくれたり、またお釣りなどの細かいお金をチップとして渡しても差し支えありません。