バンコクの旅をもっと楽しむために

麺類を食べるときの食事のマナー

タイの麺類

タイの麺類

タイで食事を楽しむ際には、さほどマナーには厳格な決まりはないものの、それでも日本とは大きく異なる点もあります。

 

日本では当たり前と思っていることでも、タイでは白い目で見られることも少なくありません。

 

特にタイでは麺類を食べるときのマナーは、日本とは大きく異なります。

 

日本ではラーメン、パスタ、蕎麦などを食べるときにはズルズルという音を立てて食べることもごく一般的なことであり、日本ではおいしいそうなイメージがありますが、それはタイではマナー違反となります。

 

かなり下品なことと捉えられるので、よく注意するようにしましょう。

 

タイでは麺類を注文するとお箸とレンゲが付いてきます。

 

麺類をお箸ですくって、レンゲにのせて食べるのが一般的な食事のマナーとなっており、日本人にはあまり馴染みがないですが、スプーンで麺を食べるのに近い感覚となっています。

 

日本と似ている点でいえば、料理を残すことも基本的にはマナー違反となります。

 

特に近年バンコクではラーメン店なども多く出店していますが、ラーメンをすすって食べることもNGとなるので、よく注意するようにしましょう。

日本とやや似ている目上の人との食事のマナー

またタイでは食事をする際には、目上の人からお箸をつけることが食事のマナーとなっています。

 

それまでは食事には手をつけず、自分が一番上の場合は自分が食べないと誰も食事をはじめようとはしません。

 

またお会計ももっとも上位の人が支払うことが食事のマナーとなっています。ただし接待の場合の会計はこの限りではありません。

フォークとスプーンが基本

タイ料理

タイ料理

タイではフォークとスプーンを使って食事をするのがごく一般的です。

 

利き手にスプーン、反対の手にフォークを持ち、基本的にスプーンですくって食べます。

 

お肉や魚、お米、炒め物なども基本的には全てスプーンを使って食べます。

 

タイのレストランでは基本的に取り分け用のお皿と一緒にスプーンとフォークが配られるので、うまく活用するようにしましょう。

 

また料理をカットする際にもスプーンを使ってカットし、口に入るサイズに切ったものをスプーンに乗せて食べるのが基本です。

 

フォークで突き刺したままそのまま口に運ぶことはマナー違反となるので、よく注意が必要です。

 

フォークは基本的には料理をカットするときにおさえたり、取り分ける場合に使います。

 

またナイフはステーキや魚などをカットする際にもほとんど使用せず、レストランでも用意されていないことも多くあります。

 

また食事の際に器を持ち上げたり、食器を直接口に付けることもマナー違反となります。

 

つまりラーメンやタイヌードルなどの汁もつい器を持ち上げて飲みたくなってしまうものですが、これもマナー違反となります。

レストランなどを利用した際のチップ

バンコクのレストラン

バンコクのレストラン

屋台やフードコートなどを利用した場合には、チップは不要ですが、中級クラス以上のレストランを利用した場合には、チップを置くことも食事のマナーの一つです。サ

 

サービス料が含まれているレストランもありますが、サービス料が含まれていない場合は支払額の10%程度をチップとして置くことがマナーとなっています。

 

またよほどの高級レストランでない限りドレスコードはありませんが、ある場合には露出の激しい服やサンダルなどでの入店は禁止されています。

イサーン地方に伝わる独特の食事マナー

またタイの東北地方にあるイサーンとよばれる地方には、料理にカオニャオとよばれるもち米がついてきます。

 

これは麻のような入れ物やビニール袋に入って提供されるスタイルが一般的となっていますが、これは基本的には手で食べます。

 

一口サイズに丸めて食べるのが基本となっているので、イサーン地方を訪れた際には注意が必要です。