バンコクの旅をもっと楽しむために

タイ、バンコク基本情報記事一覧

タイの貨幣「タイバーツ」

タイの貨幣であるタイバーツは略して「B」と表示されることが多く、1バーツあたり日本円では約3円のレートとなっています。そのため表示されている価格の3倍と思っておくと、レストランやショッピングなどでとても便利です。またバーツに対して端数はサタンとよばれ「S」と略して表示されています。日本ではあまり日本...

≫続きを読む

 

バンコクの治安

バンコクは近年の高度経済成長に伴い比較的治安も安定しています。周辺のアジア諸国と比べても治安がよく、女性同士や一人旅であっても節度を守って行動をしていれば、トラブルに巻き込まれることも少ないでしょう。またバンコクはクラブやバーといったナイトスポットも多いため、夜遅くまで賑わいをみせていることが多いの...

≫続きを読む

 

タイのタクシー・トゥクトゥク活用法

タイのタクシー・トゥクトゥクバンコクのシンボルでもあり、街中にたくさん見かけるトゥクトゥクはいわゆるタイのタクシーです。見た目はタイヤが3つしかない三輪自動車であり、後部座席にお客さんを乗せて走る乗り物です。バンコクは非常に渋滞が激しいエリアであり、トゥクトゥクはそんな渋滞知らずの観光には欠かせない...

≫続きを読む

 

バンコクの渋滞事情

渋滞の緩和には欠かせないBTSバンコクはかつてもっとも渋滞の激しい都市ランキングで1位となったこともあるほどに、渋滞の激しい街として知られています。しかしそれは裏を返せば経済が発展を遂げている証であり、地元の人の通勤に加えて、観光立国を目指すタイにとって観光客がたくさん訪れている証でもあるのです。し...

≫続きを読む

 

バンコク両替事情

バンコクのスワナプーム国際空港の両替所日本の空港から出発する前に、まずしておきたいことの一つが「両替」であり、日本の空港で慌てて両替をすることも多いはずです。しかしタイの通貨であるバーツへの両替は、現地バンコクの方がレートがよいことが多く、できるだけ現地バンコクで両替するのがおすすめです。バンコクの...

≫続きを読む

 

バンコクの路線バスの利用方法

バンコクの路線バスバンコクを訪れる大半の旅行客の足となるのが、電車やタクシー、トゥクトゥクなどですが実はバンコクに住む人にとっても馴染み深い路線バスを利用してみるのもおすすめです。観光地から観光地へのアクセスがダイレクトにできたり、なんといってもリーズナブルな値段もとても魅力的です。料金はエアコンな...

≫続きを読む

 

バンコクのメータータクシーの利用法

バンコクのメータータクシーバンコクの観光では、メータータクシーを利用するのもとてもおすすめです。日本よりもリーズナブルな価格、常夏の気候であっても冷房が効いている空間、大気汚染の激しいバンコクではトゥクトゥクなどと比べると屋根付きで移動できることは、何よりの魅力といえるでしょう。バンコクでは空港、ホ...

≫続きを読む

 

バンコクのバイク事情

バンコクではよく見かけるバイク渋滞の激しいバンコクでは車よりもリーズナブルなバイクは、主流な乗り物として知られています。タイではバイクは立派な自家用車のように扱われており、ローンを組めば車よりも手に入れやすい価格であることから人気が高い乗り物といわれています。家族で移動する際には1台のオートバイに3...

≫続きを読む

 

バンコクの言語事情

英語も通じるバンコクのマーケットバンコクは観光立国として知られるタイの大都市として知られています。海外からの観光客も多いことから、英語が通じやすい都市であることも魅力の一つです。逆にいえば、英語ができないと観光の商売が成り立たない背景もあることから、特に屋台などの商売をしている人、マッサージ店、お土...

≫続きを読む

 

タイのエスカレーター事情

タイのエスカレーター日本でエスカレーターに乗る際には、東京では左側に一列に並び、右側は急いでいる人の専用レーンとして利用されており、関西ではこの逆側がごく一般的な文化として知られています。タイでは右側も左側もエスカレーターに乗っている人は、急ぐこともなくそのまま乗っていることがごく一般的な光景です。...

≫続きを読む

 

バンコクの交通マナー

交通量の多いバンコクの街並み車の中から見たバンコクの交通状況バンコクでは電車以外のバス、メータータクシー、トゥクトゥク、路線バスなどは観光に欠かせない手段であり、観光に訪れたら必ずといってよいほどに利用する交通手段でもあります。しかしながら日本の感覚とは少し異なる交通マナーに少しの恐怖を覚えることも...

≫続きを読む

 

物価の安さが魅力のバンコク

近年急速な経済発展を遂げる東南アジアの物価も年々上昇しつつあります。しかしながら、それでもやはり日本と比べれば断然安いバンコクの物価は、旅行者にとっては、観光やグルメを楽しむ上ではとても嬉しいことでもあります。バンコクの通貨であるバーツは2014年12月現在、1円あたり約3.5円となっています。例え...

≫続きを読む

 

バンコクのWiFi事情

バンコクのホテル今や多くのビジネスマンが訪れるバンコクのホテルの大半では、Wifiの設備は整いつつあります。ただしホテルによって無料、有料、また一部のパブリックスペースのみ無料などとサービス面においてはまちまちなので、ホテルの予約をする際はよく確認をするようにしましょう。またパブリックスペースのみ無...

≫続きを読む

 

BTSスカイトレインとラビットカードの魅力

BTS(スカイトレイン)BTSのプラットホームバンコク市内の中心部を走るBTS(スカイトレイン)とは、まさに渋滞の激しいバンコクにとって、救世主とも呼べる交通手段であり、バンコク市民の足となっていることはもちろんのこと、観光客にとっても欠かせない移動手段として広く親しまれています。時間のロスが少なく...

≫続きを読む

 

バンコクの冷房事情

冷房でキンキンに冷えているショッピングスポットタイ国際航空の機内バンコクの空港常夏の国バンコクでは外を少し歩いているだけでも、その蒸し暑さが身体にこたえることが多いことでしょう。しかし建物の中に入ると日本人の感覚からすると非常に寒いと感じることも多々あります。もちろん第一の理由には、暑さを緩和させる...

≫続きを読む

 

バンコクの食事のマナー

タイの麺類タイで食事を楽しむ際には、さほどマナーには厳格な決まりはないものの、それでも日本とは大きく異なる点もあります。日本では当たり前と思っていることでも、タイでは白い目で見られることも少なくありません。特にタイでは麺類を食べるときのマナーは、日本とは大きく異なります。日本ではラーメン、パスタ、蕎...

≫続きを読む

 

タイの医療とバンコクの病院

経済発展を続けるタイの医療は、地域や医療施設によって多少の格差こそあるものの、基本的には日本と変わらない高い水準の医療を提供しており、比較的安心して医療を受けることができます。特にバンコクやチェンマイなどの都市部にある公立病院や私立病院は、高い医療の水準を誇っています。これらの医療施設には先進国で高...

≫続きを読む

 

バンコク駐車場事情

バンコクの駐車場バンコクの駐車場では、車の停め方を見ていると日本のマナーとは大きく異なることがわかります。日本の駐車場では、車はきちんと白線を守り列を守って正しく停められていることが一般的です。しかしバンコクでは、まさに車の停め方もタイらしい雰囲気に包まれており、列が崩れていたり、停めている車の前に...

≫続きを読む

 

タイのチップ制度

バンコクのホテル東南アジアの地域では、欧米の国々と比べるとチップ文化があまりないというイメージがありますが、タイではチップを渡す習慣ある国として知られています。バンコクではチップはやはり働いている人の貴重な収入源であり、特に観光客が多く利用するレストラン、ホテル、スパ施設などではそれを期待されている...

≫続きを読む

 

タイの国鉄が走るフアランポーン駅

フアランポーン駅バンコクの中央駅といわれているのが、タイの国鉄のフアランポーン駅です。正式名称は「バンコク駅」ですが、通常は「フアランポーン駅」とよばれているのが一般的であり、バンコクでも「バンコク駅」といっても通じないこともあります。日本でいうところの東京駅にあたる駅であり、ローカルな雰囲気が漂い...

≫続きを読む

 

タイの電話事情

タイの公衆電話タイの国内電話には市外局番はなく、タイ国内の電話番号は「0」から始まる9ケタが基本となっており、携帯電話は「08」から始まる10ケタの数字となっています。国内はどこへかける場合であっても、全て全部の数字をプッシュすることが基本となっています。タイでは電話事情はとても安定しており、携帯電...

≫続きを読む

 

BTSスカイトレインの利用法

BTSスカイトレイン渋滞の激しいバンコクの街に欠かせない公共交通機関の一つとして知られているのが、バンコクの高架鉄道BTS(スカイトレイン)です。1999年に開通した際には、利用者も少なくガラガラであったと言われていますが、今では市民には欠かせない足として広く親しまれています。車内はとてもきれいで快...

≫続きを読む

 

タイ国 VAT(付加価値税)の還付方法

タイでショッピングを一定以上の金額楽しんだ際に、空港で申請をすることでお金をお得に還付できる方法があります。その還付できるお金こそが「VAT」とよばれ、「Value-Added Tax」の略称で、日本の消費税にあたるものになります。現在タイでは一定の条件を満たした外国人に、このVAT(付加価値税)の...

≫続きを読む

 

タイの郵便事情

タイから日本へ郵便を出す際には、葉書や封筒などの表面に大きく「JAPAN」と目立つように記載しておけば、住所などは日本語で書くだけで郵便を出すことができます。タイから日本への郵便はおよそ5〜7日で届きます。尚、日本からタイへ郵便を出す場合には、必ずタイの通り名の表記の記載を忘れないようにしましょう。...

≫続きを読む

 

タイのローカル線の利用法

タイのローカル線タイの郊外の風景バンコクはタイの国土のほぼ中心部に位置しており、バンコク郊外へのアクセスにはバス、鉄道、飛行機などの様々な交通手段があります。中でももっとも地元タイの人が利用する方法であり、リーズナブルな手段として知られているのがタイのローカル線である鉄道を利用する方法です。バンコク...

≫続きを読む

 

バンコクを走る地下鉄(MRT)の利用法

バンコクの地下鉄の地下通路タイで唯一の地下鉄として知られているのが、2004年7月2日に営業をスタートさせた地下鉄(MRT)です。この正式名称は「Mass Rapid Transit」とよばれるもので、渋滞の激しいバンコクにとって、今では欠かせない交通手段の一つとなりつつあり、タイの人にとって大切な...

≫続きを読む

 

タイの気候と持ち物

タイは熱帯に位置しており、年間を通して気温が高いことがその特徴です。南部のマレー半島、北部の山岳地帯、東北部の高原地帯と3つに分かれていますが、基本的にはどのエリアでも夏服でOKです。南部のマレー半島を除いて、タイの国土の大半は熱帯モンスーン気候になります。タイ全土で通年を通して最高気温は30〜35...

≫続きを読む

 

水上交通が発達しているバンコク

バンコクの船乗り場バンコクは古来から、街中の中を走る運河ともに文化を形成した歴史があり、「東洋のベニス」ともよばれ、発展を遂げてきました。水上交通の歴史は古く、鉄道が走る前から物資の輸送や、移動手段に使われてきた歴史があり、水上交通は庶民の重要な足となっています。

≫続きを読む

 

バンコクでのオプショナルツアーの利用方法

バンコク郊外のローカルな様子はじめてバンコクを訪れる人や、海外旅行にあまり慣れていない人は、オプショナルツアーを活用して見ることもお勧めです。バンコク発のオプショナルツアーは、バンコク市内の見所を回るものから、郊外のローカルなスポットを観光するものまで、その種類も豊富に揃っています。日本からも日本語...

≫続きを読む

 

タイ式のマナーや習慣

仏教国タイでは、様々なマナーや習慣があります。特に王室や仏教に関わるマナーや習慣が多いので、あらかじめそれを知っておくこともタイの滞在を快適に過ごすことのポイントの一つです。特に日本では当たり前の習慣が、タイでは失礼に当たることも少なくはありません。今回はそんなタイ式のマナーや習慣についてご紹介して...

≫続きを読む

 

バンコクの観光に欠かせないインフォメーションセンターを活用しよう!

バンコクの観光をサポートしてくれるのに欠かせない場所といえば、ツーリストインフォメーションセンターです。特にはじめてのバンコク旅行や観光の詳細について確認をしたいときに、欠かせない場所となっています。バンコク市内のメジャーなインフォメーションセンターには、バンコクインフォメーションセンターとTAT ...

≫続きを読む

 

日本人向けサービスが充実しているバンコク病院の利用法

バンコクで滞在期間中に、万が一体調が悪くなったときに治療を受けることもあるでしょう。タイの医療は高度な技術を提供しており、日本の医療と遜色なく治療を受けることができます。特にタイの医療は日本と提携している専門部隊も多く、タイの病院では日本人向けのサービスを提供しているところも多くあります。今回紹介す...

≫続きを読む

 

タイのタバコとアルコールに関する法律

タイでは近年、禁煙に関する法律が厳しくなりつつあります。タイで喫煙が可能なのは19歳以上からとなります。しかしながらある調査によると15歳以上の人口の4分の1にあたる1150万人が喫煙者となっています。その約9割が男性で、タイでは喫煙率を下げるべく様々なキャンペーンをうたったり、CMなどの制作を行っ...

≫続きを読む

 

バンコクのビジネスアワー

バンコクのビジネスアワーは、日本と比べると比較的長い傾向にあります。デパートやショッピングスポットは、朝10時〜夜22時ころまで営業しているところが大半なっています。ただし商業施設全体がそのような営業時間で定められている場合であっても、テナントによってはその時間と前後していることも多々あります。その...

≫続きを読む

 

パスポートとビザ

タイのスワンナプーム国際空港タイへの入国は観光目的で入国し、日本人が入国後30日以内の滞在であれば、基本的にビザは不要です。ただし日本へ帰国する航空券、もしくはタイから第3国へ出国する航空券が予約済みであることが条件となっています。到着の空港での入国審査の際に、30日の滞在許可が貰うことができます。...

≫続きを読む

 

パッケージツアーと個人手配

バンコク旅行の玄関口・スワンナプーム国際空港バンコクへの旅行には少しでも金額を抑えたいと思っている方も多いことでしょう。今回はパッケージツアーと飛行機とホテルを個人手配した場合を比較し、どちらがお得に旅をすることができるのか、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

≫続きを読む

 

タイの水道事情と電圧

バンコクのホテルタイの水道水は、日本と比べると少し泥臭く、水を溜めてみると少し色が付いていることもあります。インフラが進みつつあるバンコクですが、それでも日本の水道水の事情と比べるとまだ遅れているという印象を受けます。水の質そのものは、ホテル、ショッピングセンター、レストランなどによって異なり、同じ...

≫続きを読む