バンコクの旅をもっと楽しむために

バンコクのスワナプーム国際空港

バンコクのスワナプーム国際空港

バンコクのスワナプーム国際空港

スワナプーム国際空港のスタイリッシュな内部

スワナプーム国際空港のスタイリッシュな内部

バンコクのスワナプーム国際空港は、タイのサムットプラーカーン県、バンコクから見て東側に位置している大きな空港です。

 

この空港は2006年にオープンしたばかりの比較的新しい空港です。

 

それまでは日本からバンコクへアクセスをする場合には、ドンムアン空港が玄関口となっていましたが、その需要の高まりからオーバーキャパシティとなり、スワナプーム国際空港が新しくオープンすることになったのです。

 

そして現在では国際空港としても地位を固めつつあり、アジアのハブ空港を目指すまでに急成長を遂げている空港として、広く知られるようになりました。

 

スワナプーム国際空港は到着すると、内部だけではなく、外からもそのスタイリッシュなデザインがとても印象的です。

 

この空港は有名なドイツ人の建築家によってデザインされたものであり、ガラスを多用し、空港とは思えない近未来を思わせる構造となっています。

 

ドンムアン空港ではターミナルが2つに分かれていましたが、スワナプーム国際空港ではターミナルは1つとなっています。

 

そのためタクシーや車などで空港にアクセスする場合には、なるべく利用する航空会社のカウンター近くで降りられるように運転手などに利用する航空会社を伝えておくようにすると便利です。

 

とても規模が広いバンコクのスワナプーム国際空港

各航空会社へのエントランスを示す看板

各航空会社へのエントランスを示す看板

スワナプーム国際空港はタイの一大プロジェクトであり、観光立国を目指すタイにとっては非常に経済的効果も見込まれる大切な玄関口として、非常に力を入れた事業であったことでも知られています。

 

アジアのハブ空港を目指すべく、空港の規模も非常に大きいものとなっています。

 

近隣のアジア諸国だけではなく、アメリカやヨーロッパなど世界各国からの航空便が就航しており、日本からも成田、羽田、関西、中部、福岡から直行便が就航しており、特に羽田空港からは深夜便が運航されるようになったことでも話題となりました。

 

総面積は成田空港の3倍にも及ぶ563,000uの広さを誇り、ターミナルは地下2階、地上7階の9階建てとなっています。

 

B1階はエアポートリンク駅、1階はエアポートバス乗り場、2階は到着ロビー、3階はレストラン街、4階は出発ロビーとなっています。

 

5階に各空港会社のオフィスがあり、6階はレストランフロア、そして7階は展望デッキとなっています。

 

またスワナプーム国際空港には世界一の高さを誇る132.2メートルという巨大な航空管制塔があり、まさにこの空港のシンボルとして知られています。

 

トランジットで利用する場合であっても空港の内部だけであっても、まるで一つの観光スポットのように楽しむことができるのも、とても魅力的といえるでしょう。