バンコクの旅をもっと楽しむために

2010年に開業したエアポートレールリンク

バンコク市内

バンコク市内

エアポートレールリンクは、2010年8月23日に開業した空港とバンコク中心部をつなぐ高速高架鉄道です。

 

この鉄道が開通したことで、バンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港からバンコク市内への所要時間がかなり短縮されました。

 

タクシーや車では空港から市内まで約40分ほどですが、ひどい渋滞にはまってしまえば1時間以上かかることも多く、このエアポートレールリンクが出来たことでその往来が一層楽にできるようになりました。

 

また料金的にもメータータクシーと比べるとずっと割安なものとなっており、リーズナブルなこともその魅力の一つです。

エアポートレールリンクの工夫

エアポートレールリンクはバンコク市内を走る電車の中では、もっともスピードの速い鉄道として知られており、その最高時速は160キロメートルにもなります。

 

障害者のある方でも利用しやすいように車内は工夫がなされており、最新の技術が取り入れられています。

 

またゆったりとした座席や荷物置き場なども設けられており、旅行者でも利用しやすいようになっています。

 

エクスプレス(急行)の床は絨毯張りとなっており、シティーライン(各駅)よりも豪華な内装となっています。

 

またさほど長距離列車ではないもののトイレも設置されています。

 

一方シティーライン(各駅)は、車幅が狭く、荷物置き場なども少ないため空港に通じている列車でありながらも、どちらかというとタイのローカルの人向けの列車といえます。

 

エクスプレス(急行)とシティーライン(各駅)

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港

駅の数はスワンナプーム国際空港の地下にあるスワンナプーム駅からパヤー・タイ駅まで全部で8駅あります。

 

エクスプレス(急行)とシティーライン(各駅)の2つの種類が運行されています。

 

どちらも6時〜24時で運行されていますが、スワンナプーム国際空港は24時間営業のため、深夜や早朝の便を利用する場合には、時間外となるので注意するようにしましょう。

 

エクスプレスはスワンナプーム駅発マッカサン行きと、スワンナプーム駅発パヤー・タイ駅行きの二種類の列車があり、前者は45分間隔、後者は1時間間隔の運行となっています。

 

エクスプレスはノンストップで走り所要時間は13〜15分となっています。

 

シティーラインの本数はエクスプレスに比べて多く、15分に1本間隔で運行されていますが、所要時間は27分となっています。

 

ただし通学・通勤時間帯は非常に混雑をするため、大きなカバンを持って乗車するのにはやや困難なこともあります。

 

ただしそれ以外の時間帯は比較的空いています。

 

車体の色はエクスプレスが赤色、シティーラインは青色となっています。

 

エクスプレスは片道90バーツ(270円)、シティーラインは利用する区間によって15〜45B(45円〜105円)となっています。

エアポートレールリンクの課題

エアポートレールリンクは一方で、まだ課題も残されています。

 

エクスプレス(急行)と、シティーライン(各駅)はそれぞれ切符売り場とホームも別となっており、やや不便を感じられる点も見られます。

 

発車時刻を案内などがないため、はじめて利用する場合にはどちらの列車を利用した方がよいのか判断がつかないこともあります。

 

また近年列車の本数が減少する傾向が見られているので、事前によく確認をしておく必要があります。

 

時には全面運休の日もあり、これは電車の整備が間に合わないなどまだ多くの課題が残されているためといわれています。

 

急きょ運休となることもありので、空港と市内を行き来するための手段を別に考えておく必要があります。

 

また空港からマッカサン行きのエクスプレスを利用してパヤー・タイ駅まで乗り継ぐ場合には、マッカサンに到着をした後に一度改札を出て、切符を買い直しする必要があるので、注意が必要です。