バンコクの旅をもっと楽しむために

日本人からも高い評価を持つタイ国際航空

日本からタイへの旅行には日系の航空会社も運航されていますが、リーズナブルでありながらも高いサービスに定評があるのがタイ国際航空です。

 

日本人がもっとも多い路線は首都バンコクですが、バンコクを経由してプーケットなどのリゾート地やチェンマイなどの他の都市へのアクセスにも、タイ国際航空は国内線として利用されています。

 

微笑みの国「タイ」が提供するサービスは、日本人にとって、とても好感の持てるものであり定評のある航空会社です。

 

タイ国際航空のシンボルカラーは紫色であり、どこか高貴な印象を与えてくれます。

タイ国際航空の充実した機内食

タイ国際航空の充実した機内食

タイ国際航空の充実した機内食

タイ国際航空の機内サービスの中でも比較的評判が高いサービスとして知られているのが、機内食のサービスです。

 

日本人観光客からも評判やよく、機内で本場のタイ料理を味わうことができるだけではなく、日本食などにも定評があります。

 

機内食は搭乗するクラスによって主に3つに分かれています。

 

もっともランクが高いものがロイヤルファーストクラスで、メインディッシュは3つの種類からチョイスすることができます。

 

また搭乗する48時間前までに予約をすればそれ以外の豊富なアラカルトからチョイスすることができます。

 

ビーフステーキ、グリル料理、タイカレーなどの他、日本食も豊富に揃っています。

 

すきやき、うなぎのかば焼き、牛肉の照り焼きなどが用意されています。

 

ロイヤルシルククラスでは、メインディシュは洋食やタイ料理などから4種類からチョイスすることができます。

 

またロイヤルファーストクラスと同様に、48時間前までに予約をすればステーキやグリル料理松花堂弁当などにも変更することができます。

 

もっとも利用者が多いエコノミークラスでは、洋食、和食、タイ料理などからチョイスすることができます。

 

スパイシーなカレーなど、非常にクオリティが高いものが豊富に揃っていることもその魅力の一つです。

 

またタイ国際航空では国内線を利用した場合でも、ドリンクとサンドイッチなどの軽食のサービスがあります。

 

タイ国際航空では、宗教上や健康上で特別なメニューを必要する人のための特別機内食も用意されています。

 

ベジタリアンミール、減塩食、低コレステロール食などがあり、いずれも事前の予約が必要となっています。

 

また子どもや幼児のためのチャイルドミールやベビーミールも用意されているので、子連れでも安心して利用することができます。

充実したエンタテイメントサービス

タイ国際航空の機内の様子

タイ国際航空の機内の様子

また長期のフライトには嬉しいエンタテイメントのサービスも充実しており、すべてのクラスに対応しています。

 

映画、テレビ番組、ゲーム、音楽プログラムなどを楽しむことができます。

 

オンデマンドとよばれる個人モニターが大半の機材についており、個人モニターがついていない機材の場合には、前方のスクリーンで楽しむことができます。

 

映画には最新作、映画賞受賞作、人気作などが常に30種類以上用意されています。

 

音楽には邦楽、クラシック、ウェスタンからタイミュージックなど約100種類が揃っており、ゲームは約30種類が用意されています。

Wifiのサービスも魅力的

またタイ国際航空では、他の航空会社と比べると高く評価されていることに一部の機材に、wifiのサービスがスタートしたことにあります。

 

「THAI SKY CONNECT」とよばれるもので、スマートフォン、ノートパソコン、タブレット端末などの無線LANに対応しています。

 

ただし料金は有料となっており、スマートフォンは3MBで4.5ドル、10MBで14.5ドル、ノートパソコンとタブレット端末は10MBで14.5ドル、20MBで28ドルとなっています。

 

ただし一部上空では状況によって切断されることもあるので、注意が必要です。