バンコクの旅をもっと楽しむために

トランジットでも多く利用されるスワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港

バンコクの玄関口として知られているスワンナプーム国際空港は、もちろんバンコクに到着する人が多く利用する空港ですが、ここからトランジット(乗継)をして他のタイのエリアや他の国へアクセスする人も多く利用することで知られています。

 

トランジットの時間は、乗継のよい便であれば1〜2時間ほどの場合もありますが、悪い場合には半日以上かかることもあります。

 

しかしスワンプーム国際空港はトランジットの場合であっても空港内の施設が比較的充実しているため、うまく空港内の施設を利用すれば比較的充実した時間を過ごすことができることも、そのメリットの一つといえるでしょう。

 

トランジットの案内は大きな電光掲示板などに一覧で確認をすることができるので、まずはスワンナプーム国際空港に到着したら、時間と場所を確認するのがおすすめです。

 

時には搭乗チケットに記載されている出発時間が変更になっていたり、搭乗ゲートが異なる場合もあるので必ずよく注意するようにしましょう。

 

国際線から国内線へのトランジット

空港の電光掲示板

空港の電光掲示板

通常国際線から国内線に乗継をして、例えば日本、バンコク、プーケットのルートでスワンナプーム国際空港を利用する場合には、まずは空港に到着をしたらパスポートコントロールセンターに立ち寄りをして入国審査を受ける流れとなります。

 

入国審査でパスポートに入国スタンプを受け、国内線の出発ゲートのコンコースAもしくはBに進む流れとなります。

 

またバンコクのもう一つの空港として知られているドンムアン空港へ移動をする場合には、コンコースDで中央の入国審査で手続きを済ませて荷物を受け取り、ドンムアン空港に移動するようになります。

 

これらは全て行先別に案内表示がでているため、さほど迷うことはありませんが、いずれにしてもここスワンナプーム国際空港にて入国審査を行うようになっているので注意をするようにしましょう。

トランジットの時間

スワンナプーム空港の荷物の受け取りの様子

スワンナプーム空港の荷物の受け取りの様子

トランジットの時間が2時間以上もある場合であっても、非常に余裕があるようにも感じますが、入国審査が行列を成していたり、また空港内は非常に広く次のゲートまでかなり歩かなければならないことも少なくはありません。

 

到着ゲートから入国審査の場所までは歩く歩道が整備されているものの、10分以上も歩かなければならないこともあります。

 

また入国審査では20〜30分、更には荷物受取でも20〜30分までの時間があることもあるので、両替、レストラン、ショッピングなどは全ての手続きを終えてから楽しむようにしましょう。

 

また行き先によっては預けた荷物を一旦ピックアップする必要がある場合や、乗り継ぎ便の搭乗手続きをスワンナプーム空港で行なう必要がある際はさらに時間がかかります。

 

トランジットをするゲートによっては飲食店や免税店などがほとんどない場合もあるので、なるべく見つけた場所のものを利用するように心掛けることもおすすめです。

トランジットに時間がある場合

また半日以上のトランジットの時間がある場合には、バンコク市内の観光も可能です。

 

ただしスワンナプーム国際空港とバンコク市内はタクシーで40分ほどともいわれていますが、朝や夕方はそれ以上の時間がかかることも少なくはありません。

 

そのため移動時間も含めて6時間以上の時間があると、バンコク市内での観光も可能となります。

 

ただしエリアを絞ってあれもこれも欲張らないようにすることもとても大切です。

 

1日以上のトランジットがある場合には、空港の近くのホテルをチョイスすることもおすすめです。

 

バンコク中心部のホテルと比べるとリーズナブルな値段で利用できるホテルも多く、何よりも空港に近いことは移動時間の短縮にも繋がり、次のフライトに向けてしっかりと疲れを取ることができることでしょう。